Android OSで生まれ変わった「BlackBerry Priv」--スライド式キーボードの感触は? - (page 3)

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

他社製品にはないキーボードのタッチ感は?

 さてBlackBerry Privを買うユーザーの多くが期待しているのがスライド式のキーボードだろう。今やQWERTYキーボードを備えたスマートフォンは海外でもほとんど発売されていない。ポケットから片手で取り出し、そのまま即座にメールが打てるという過去のBlackBerry端末のキーボードは、「それぞれのキーが指に吸い付く」とまで言われるほど、押しやすさには定評があった。

 今でも海外でBlackBerry利用者が多いのは、画面をタッチするソフトキーボードよりもBlackBerryの物理キーボードがやめられないからだ。

BlackBerry Privのキーボード。小さいながらも1つ1つのキーがしっかりと独立している
BlackBerry Privのキーボード。小さいながらも1つ1つのキーがしっかりと独立している

 BlackBerry PrivのキーボードはPCと同じQWERTY配列。10個のキーボードが3列と、最下段にシフトやスペースキーが並ぶ。日本語表示などはなく英語表記のままだ。また数字キーは最上段にはなく、記号入力も含めALTキーとアルファベットキーを同時に押して入力する。

 いずれにせよQWERTYキーボードを使う際、日本語入力はローマ字入力になるだろうから、おのずと両手を使って入力する。電車の中で立ちながらの入力はやや困難だが、座ってしまえばむしろ快適に打てるだろう。

キーボードをスライドさせたところ。ディスプレイ側の厚みが薄いため、重心が極端に上に寄ってしまうことはない。しかしキーボードを引き出した状態では両手持ちで使うのがいいだろう
キーボードをスライドさせたところ。ディスプレイ側の厚みが薄いため、重心が極端に上に寄ってしまうことはない。しかしキーボードを引き出した状態では両手持ちで使うのがいいだろう

 とはいえ狭いスペースにこれだけのキーを搭載したため、キーのサイズは小ささを感じる。クリック感もあるものの、これまでのBlackBerry端末と比べるとやや物足りなさを感じるかもしれない。しかしBlackBerry Privが初めてのQWERTYキーボード端末であれば、ソフトキー入力ではちょっと疲れてしまう、かなり長い文章の入力も楽に行えそうだ。このあたり、キーボードの操作感は個人差も大きいので、購入する前には家電量販店のSIMフリー機コーナーなどでじっくりとキーボードを試してみるのがいいだろう。

 なおキーボードはウェブブラウザを開いている時などに、キーボードの表面全体がタッチパネルとなり、画面のスクロール操作などを行える。

キーボードの表面がタッチパネルになる。ブラウジング中にキーボード上をスワイプすれば画面スクロールもできる
キーボードの表面がタッチパネルになる。ブラウジング中にキーボード上をスワイプすれば画面スクロールもできる

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]