logo

[ブックレビュー]仕事で失敗しないための準備と努力--「やり直し・差し戻しをなくす できる人の準備力」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
すばる舎
詳細:単行本 / 240ページ / すばる舎 / 価格:1512円 / 著者:上阪 徹 / 発売日:2016/04/19 / 外形寸法 (H×W×D):18.6cm×13.0cm×2.0cm / 重量:0.3kg
内容:仕事で困っていることの1つして常にあげられる「お願いされた仕事にやり直しが多い」こと。その原因は相手の要求を聞き取る「力不足」と、アウトプットのための「準備不足」のようだ。これらの力を身につけるために必要な6つのステップとは?
Amazon.co.jpアソシエイト

 時間をかけた仕事なのに、やり直しや差し戻しが発生する。これほど、時間と労力のムダになることはない。なぜ、やり直さなくてはいけなくなるのか。原因は相手の要求を正確に聞き取る「力の不足」と、アウトプットのための「準備の不足」のようだ。

 著者は、ブックライターとして、60冊以上の本を書いてきたが、書き直しになることはほとんどなかったという。ビジネス書を作ることが仕事の一環であるため、若い会社員の人たちと話すときには、仕事で困っていることを聞くのだそうだ。「お願いされた仕事にやり直しが多い」という回答が多いことに着目し、その原因は準備が足りないことではないかと推測している。

 「準備を十分にして、丁寧な仕事をする」と言われてもよく分からないという人のために、本書では依頼人から明確な目的を聞き出す手法や、仕事を進めるプロセス、事前に調べるべきことなどが、細かく説明されている。著者の経験に基づくため、具体例はブックライターとしての仕事なのだが、ビジネス文書についても、プロのライターの視点からアドバイスが書かれているので、仕事のやり方が定まっていない若い人だけでなく、仕事の準備不足をいつも感じている人に、きっと役立つはずだ。

-PR-企画特集