Kickstarter

スマホを目視せず親指だけで操作可能にする「O6」--目の不自由な人にも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  スマートフォンやタブレットのタッチスクリーン操作は直感的であるものの、目で見ながら指で触れなければならず、画面を注視する必要がある。自動車の運転中など、ほかの作業をしながらだと使いにくい。

  さらに、滑らかな画面には触覚的な手がかりがないので、目の不自由な人には不適切なユーザーインターフェイス(UI)だ。そこで、音声コマンドのほか、スマートウォッチやスマートリングによるジェスチャーUIなどが提案されているものの、精度などの問題で常用は難しい。

  これに対し、音声コマンドより正確で応答性に優れるという、目視せずスマートフォンを操作できるアクセサリ「O6」がクラウドファンディングサービス「Kickstarter」に登場した。


目視せずスマートフォンを操作できる(出典:Kickstarter)

  O6は、直径40mm、厚さ11mmの円形をしたデバイス。周囲のリングを回し、表面のセンサをタッチするなどして、Bluetooth連携させたスマートフォンを操作できる。上下左右などの方向に依存しないUIなので、自動車のハンドルに取り付けたり、腕時計のように身に着けたり、自由な使い方が可能だ。


周囲のリングと内部のタッチボタンで操作(出典:Kickstarter)

操作する方向は自由(出典:Kickstarter)

  iOS 6以上を搭載するiPhone、iPad、iPod touchに対応しており、多種多様なアプリの遠隔操作が可能という。開発チームはO6の操作体系をラジオに例えており、聴取するラジオ局を決めるようにメールやTwitter、Facebook、Slackなどのアプリを切り替え、そこで流れる曲を変えるように読み上げるメッセージを選ぶなどできる。

  音声やジェスチャーによる操作も可能で、操作結果は音声でフィードバックされる。バイブレータでもさまざまな情報を伝えてくれて、例えば時刻が振動で分かるので便利だ。


振動で時刻を伝えることも(出典:Kickstarter)

  スマートフォンの画面を見たり触ったりせずに済み、自動車やオートバイ、自転車に乗りながら使える。ジョギングをしているときや、混み合った鉄道に乗っているときにも役立つ。さらに開発チームは、目の不自由な人のスマートフォン操作にも使えるとしている。

  Kickstarterでの支援受付期間は日本時間7月3日まで。目標金額の10万ドルに対し、記事執筆時点(日本時間5月27日13時)で約4万2000ドルの資金を集めている。キャンペーン期間はあと37日ある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加