アップル、Time Warner買収を検討していた--Financial Times報道

Katie Collins (CNET News) 翻訳校正: 緒方亮 吉武稔夫 (ガリレオ)2016年05月27日 09時47分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 報道によると、Appleは2015年に、自社の提供メディアを強化するためメディア大手Time Warnerの買収を検討していたという。

 Financial Timesによると、Appleのシニアバイスプレジデントを務めるEddy Cue氏が、その考えをTime Warnerの企業戦略のトップに切り出したという。Financial Timesは米国時間5月26日の記事で、この件の概要を知る3人の話を伝えている。

 HBO、CNN、Warner Brothersを傘下に持つTime Warnerは、自社のテレビ番組を将来的にAppleの動画ストリーミングサービスに加えることを議論するため、Appleと話し合いをしていた。Appleの最高経営責任者(CEO)であるTim Cook氏はこの話し合いに参加しておらず、予備的な提案の域を超えなかったと報じられている。

 Appleはこの1年間、ストリーミングサービスの「Apple Music」とニュースのキュレーションサービスを立ち上げ、メディアの提供にますます力を入れている。

Appleは、Time Warner傘下のHBOとは提携している。
Appleは、Time Warner傘下のHBOとは提携している。
提供:Apple

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加