Google I/O 2016

グーグル、「Google Assistant」発表--ピチャイCEOが「Google Now」の性能強化を語る

Ben Fox Rubin (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 長谷睦 (ガリレオ)2016年05月19日 10時11分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間5月18日、「OK Google」という呼びかけで知られるデジタルアシスタントの「Google Now」の利便性を高める取り組みの一環として、ユーザーと双方向の会話ができる能力を高める計画があることを明らかにした。

 Googleの年次開発者会議「Google I/O」で最高経営責任者(CEO)のSundar Pichai氏は、Google Nowをユーザーにとってさらに価値の高いものにし、ユーザーとより深い関係を築けるようにする構想について、その概要を明らかにした。

 Pichai氏は、このたび披露した「Google Assistant」というシンプルな名称のこのデジタルプラットフォームについて、ユーザーからの質問に基づいて、表示すべき情報を決定するものとみなしている。例えば、ユーザーが子供と一緒に子供向け映画を見たいという場合、地元の上映時間のリストを変更して提示する。またチケットを買うことも考えられる。

 今のところ、Googleのデジタルアシスタントは、同社の中核である検索サービスの音声制御バージョンとしての役割を果たしており、「Android」スマートフォンやGoogleのアプリを利用するユーザーが、特定の質問を投げかけたり、道順を尋ねたり、天気を聞いたりできるものだ。

 Googleによれば、同社はこのデジタルアシスタントをさらに多くのデバイスに提供し、人々が自宅や職場、車で利用できるようにする計画だという。

 機械学習と人工知能(AI)を用いてデジタルアシスタントの機能をさらに向上させることで、ゆくゆくはユーザー個人を識別し、そのユーザーのくせや好みを見分けられるようになるという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加