NASの導入から設定まで--初心者のための「Synology DiskStation DS216j」レビュー - (page 3)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

QuickConnectを使って外部からアクセス

 既にこの状態でLANに接続した機器からはNASへアクセス可能だが、さらに出先などからインターネット経由でアクセスする方法が用意されている。

 一般的にインターネットを使って外部からNASへアクセスするには、ルータの設定を変えたり、場合によってはDDNS(ダイナミックDNS)を設定したり……と、面倒かつ初心者には分からないことばかりで困難を極める。加えてルータへ誤った設定を行うと、セキュリティ面でも問題が発生する。しかしSynology DiskStation DS216jでは、簡単に解決する方法が用意され、初心者でも即使うことができるようになる。

 まず初期設定時にQuickConnectのアカウントを取得しているので、コントロールパネル/QuickConnect/全般にその情報が表示されているのを確認してほしい。

 外部からアクセスする時のURLは、

 http://QuickConnect.to/xxxxxxx(※xxxxxxxはQuickConnect ID)

 となる。今回QuickConnect IDをnas01nasuserとしたので、具体的には

 http://QuickConnect.to/nas01nasuser

 とすると、ログイン画面を経てDSMの画面が表示される。また共有フォルダへアクセスするには、共有フォルダ名、例えばhomeやphotoをその後に続け

 http://QuickConnect.to/nas01nasuser/home

 とすればよい。

  • QuickConnect/全般

  • QuickConnect/詳細設定

  • スマホのウェブブラウザから http://QuickConnect.to/nas01nasuser へアクセス

  • ログイン画面が表示された

  • DS Cloud/iOS版

  • DS Cloud/Android版

 さらにiOSやAndroidではモバイルアプリケーションとして、専用アプリ(DS audio、DS download、DS video、DS file、DS camなど)が用意されており、扱うメディアフォーマットに応じてもっと直感的にデータへアクセス可能になる。

 このようにQuickConnect経由になるものの、難しい設定や理屈は必要なく、出先からモバイルデバイスを使ってアクセスすることができるのもSynology DiskStation DS216jの大きなメットだ。

デジタル製品

PCの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加