マイクロソフト、カレンダーアプリ「Sunrise」の提供を終了へ

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2016年05月12日 08時53分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは「今後数日のうちに」カレンダーアプリ「Sunrise」をこれまで提供されていたAppleとGoogle Playの各ストアから削除する予定だ。同社関係者らが米国時間5月11日付けのブログ投稿で明らかにした。2016年8月31日に「正式に同アプリの提供を終了する」という。

 Microsoftは2015年10月、2015年2月に買収したカレンダー技術であるSunriseを、「iOS」と「Android」用に刷新された同社の「Outlook」モバイルアプリに統合する計画を発表した。Outlookモバイルアプリは、Microsoftが2014年12月にAcompliを買収した際に取得した「Acompli」のコードをベースにしている。

 スタンドアロンのSunriseアプリが廃止される8月末は、Outlook.comのユーザーを新しいOutlook.comのインフラストラクチャとインターフェースに移行するためにMicrosoftが進めている取り組みの完了が予定されている時期に一致する。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加