サムスン、IoT向けクラウドサービス「ARTIK Cloud」を発表

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 湯本牧子 長谷睦 (ガリレオ)2016年04月28日 12時15分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サムスンは米国時間4月27日、「ARTIK Cloud」サービスを発表した。ARTIK Cloudは、モノのインターネット(Internet of Things:IoT)向けソフトウェアおよびハードウェア製品ファミリ「ARTIK」に加わった最新のサービスだ。

 サムスンによると、ARTIK Cloudでは、あらゆるコネクテッドデバイスやクラウドサービスから収集されたデータを企業がセキュアに収集、保存、分析、活用するうえで必要なツールを提供するという。狙いは企業に対し、IoTアプリケーションを市場に投入するため迅速に展開できるサービスを提供することだ。

 ARTIKファミリの残りの製品について見ると、エコシステムは、ビルトインのアプリケーションプロセッサ、モデムチップ、メモリチップ、センサを備えるワンストップのチップモジュールとして始まった。ARTIKチップには、サイズと仕様が異なる3つのオプションとして、「ARTIK 1」「ARTIK 5」「ARTIK 10」がある。

 ARTIK 1はテントウムシほどの大きさで、エントリーレベルのオプションだ。250MHzのデュアルコアプロセッサ、4Mバイトのフラッシュメモリ、9軸モーションセンサを搭載し、Bluetooth Low Energyに対応する。サムスンによると、ARTIK 1は位置情報ベースのビーコン、アクティビティトラッカー、スマートバンド、その他のIoTエンドノード向けに設計されているという。

 ARTIK 5は25セント硬貨ほどの大きさで、ARTIK 1よりもパワフルだ。1GHzのデュアルコアプロセッサ、512MバイトのDRAM、4Gバイトのフラッシュメモリ(ePoP:embedded Package on Package)、動画エンコーダおよびデコーダを搭載する。サムスンはARTIK 5について、スマートホームのハブに最適だとしている。

 ARTIK 10はホームサーバやパーソナルクラウド向けの完全なシステムとして設計されており、1.3GHzのオクタコアプロセッサ、2GバイトのDRAM、16Gバイトのフラッシュメモリ、HDエンコーダおよびデコーダを搭載し、5.1chオーディオ、ローカルインテリジェンスをサポートする。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加