パナソニック、スマホをかざして情報を取得できる「光ID」用ディスプレイ

加納恵 (編集部)2016年04月22日 11時34分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パナソニックは4月22日、LED光源やその光源で照らされた対象物にスマートフォンをかざすだけでさまざまな情報が受け取れる「光ID」の送信機能を内蔵したディスプレイを発表した。5月から業務用ディスプレイとして発売する。

 55V型の「TH-55SF1HJ」。49V型の「TH-49SF1HJ」、42V型の「TH-42SF1HJ」の3サイズを用意し、いずれも独自開発の高速バックライト制御技術による光ID送信機能を内蔵する。これにより、複数の光IDを切り替えて送信することができ、1台のディスプレイで表示するコンテンツと併せてさまざまな情報をスマートフォンなどの機器に表示できる。


右から55V型の「TH-55SF1HJ」。49V型の「TH-49SF1HJ」、42V型の「TH-42SF1HJ」

 ディスプレイには内蔵メディアプレーヤー機能も備え、光IDの送信機能に対応。静止画や動画コンテンツと光IDを保存したメモリデバイスをディスプレイ本体に挿入することで、STBなどの外部接続機器を使うことなく、コンテンツの再生と光IDの送信ができる。


「光ID」のシステム概要図

 いずれも、解像度は1920×1080ピクセルで、コントラストは1300対1。ベゼル幅が6.3mm、奥行き57mmのスリムデザインを採用し、ディスプレイを複数台使用するマルチ画面などでも光IDの利用が可能だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加