logo

ビル・キャンベル氏が死去--アップルのジョブズ氏やグーグル幹部らの「メンター」

Rochelle Garner Connie Guglielmo (CNET News) 翻訳校正: 編集部2016年04月19日 08時50分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Bill Campbell氏が死去した。75歳だった。Appleの元最高経営責任者(CEO)Steve Jobs氏、Google共同創業者のLarry Page氏、Facebook創業者のMark Zuckerberg氏、TwitterのCEOであるJack Dorsey氏らのメンターとして知られた。

 「Bill Campbellは長年にわたるがんとの戦いの末、安らかに永眠した」と同氏の家族は声明で述べた。「家族は、多くの人々の愛情と支援に感謝するが、今はそっとしておいてほしい」(Campbell氏の家族)


 多くの人々に「コーチ」と呼ばれていた同氏をしのび、技術業界の著名な幹部や企業が同氏死去の知らせに哀悼の意を表した。

 Appleは声明で、「Bill Campbell氏は、多くのApple社員のコーチでありメンターであるとともに、数十年間にわたり、当社の幹部、アドバイザー、最後は取締役としてわれわれ家族の一員でもあった」と述べた。「Campbell氏は、人々のAppleに対する信頼が揺らいだときも、当社を信頼していた。順調な時期や苦しい時期を経て、同氏が当社に果たした数々の貢献は、いくら誇張してもし過ぎることはない。われわれはCampbell氏の見識、友情、ユーモアそして生涯にわたる愛情をこれからも懐かしく思い出すことだろう」(Apple声明)

 Campbell氏は1974~1979年、実際にコロンビア大学のフットボールチームColumbia Lionsのヘッドコーチを務めていたが、「コーチ」と呼ばれるようになったのは、シリコンバレーの起業家らが業界リーダーへと成長するのを支援したためだ。企業の幹部らは、Campbell氏の率直で堅実な助言を重んじてきた。AppleのJobs氏は2008年、「彼は人々を愛し、人々を育てることを愛している」とにFortuneに述べていた。

 Jobs氏がAppleに復帰した1997年、Campbell氏はAppleの取締役役員に指名された。Campbell氏は2014年まで取締役を務め、Apple史上最も長い期間、取締役として在籍した。

 2001年には、Kleiner Perkins Caufield & Byersの著名なベンチャーキャピタリストであるJohn Doerr氏がCampbell氏に対し、GoogleのCEOに新しく就任したEric Schmidt氏の指導を依頼した。Campbell氏は、Schmidt氏が同社の経営陣を編成するのを支援した。

 Schmidt氏は18日、自身のFacebookページに「われわれの特別な親友Bill Campbell氏が今朝亡くなった」と記した。「大きな思いやりの心を持ち、会う人には必ずハグを交わした。彼はメンター以上の存在だった。われわれがGoogleを築き上げるのを手助けするとともに、数え切れないほど多くの方法でわれわれの成功を実現させてくれた」(Schmidt氏)

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集