logo

ひなた好き記者が見た「アイマス ミリオンライブ!」3rdライブツアー福岡公演 - (page 2)

佐藤和也 (編集部)2016年04月10日 15時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

圧巻だった「Shooting Stars」と「Precious Grain」

 合間に行われた企画コーナーでは、中村さん演じるロコが英語混じりの“ロコ語”で話すことと、会場の福岡にちなみに、福岡の名所や名物について説明されたロコ語の文章を日本語に訳す「福岡ロコナイズドクエスチョン」を実施。リーダーの2人が司会を務め、ロコ語の第1人者である“中村ホットプリンセスさん”が解説を担当した。その他キャスト陣が回答者となって行われたが、随所に“迷”翻訳が見られ場内は爆笑。歌のステージとはひと味違う盛り上がりを見せていた。

  • 「inferno」

 メドレー形式で披露される765プロ楽曲のカバーコーナーも、今回は特に見どころの大きい内容となっていた。初めに伊藤さんと木戸さんが披露した「乙女よ大志を抱け!」は、この日誕生日だった天海春香の楽曲。木戸さん演じる可奈と伊藤さん演じる百合子は劇場版で登場したこともあり、春香へお祝いの言葉を言う一幕も。セクシーさと妖艶さを前面に押し出した「KisS」を上田さんと麻倉さんが歌ったのに続き、如月千早と萩原雪歩の楽曲「inferno」では、2人のイメージカラーである青と白にあわせて田所さんと雨宮さんが担当。「First Stage」を初参加組である平山さんと中村さんが歌ったのに続き、ゆったりとした「チクタク」は、種田さんと田村さんが担当。伸びやかに響く声と柔らかい声がうまく合わさり、会場を包み込むように歌い上げていた。

  • 「Shooting Stars」

 後半で圧巻だったのは田所さん、平山さん、雨宮さん、麻倉さんの4人による「Shooting Stars」と、それに続いた田所さんの「Precious Grain」だ。Shooting Starsは「THE IDOLM@STER LIVE THE@TER HARMONY 03」に収録されている力強さを押し出した楽曲で、これを歌唱したユニット「クレシェンドブルー」5人のうち4人がステージにそろった。特に平山さんは、前述のように初めての大舞台にもかかわらず、何度もステージに立っている3人に負けない存在感を醸しだし、大舞台であればあるほど本領を発揮するのでは、と思えるぐらいだった。

 さらに田所さんのPrecious Grainは、静香の最初の持ち歌としてこれまで幾度となく披露されてきた楽曲なのだが、今回は格別と言えるぐらいの声の圧力を感じるほど。田所さん自身の、そしてこの曲に対する伸びしろはどこまであるのかと思ってしまうぐらいに圧倒された。と同時に、幕張公演ではリーダーを務めることが決まっており、そこでの活躍を期待させるに十分なステージとなっていた。

田村さんのソロ曲と最後のあいさつで見た“ひとつ奥にあるひなたらしさ”

 筆者が見ていて印象的だったのは、田村さんが披露した「あのね、聞いてほしいことがあるんだ」。カントリー・ミュージックをイメージさせる曲で、ゆったりとした雰囲気で赤いペンライトが振られるなかで歌唱した。もっとも、出だしからなんとなく気負っているのか思いの強さからか力の入っている印象を受け、そして2番の途中で会場中の誰もが気付くぐらいに声が震えだしてしまう。その後、わずかに声が詰まったところもありつつ、最終的には崩れることなく持ち直して最後まで歌いきるという場面があった。

 ステージの出来という観点で見ると、反省点や課題を残したという評価になってしまうかもしれないが、ひたむきに気持ちを伝えようという姿勢をすごく感じ、持ち直したところも含めて、ひなたの初めての大舞台ソロであればこうなるであろうと思わせるものがあったのは間違いないところ。

  • 「Helloコンチェルト」

 と同時に、感極まる場面になると声援を送って励ます光景もよくみられるのだが、この時の観客は静かに見守り続けていた。心の中で応援をしつつ“聞いてほしいこと”をちゃんと聞いてくれていたという光景も印象的だった。歌い終わった後に客席では目に手を当てているファンも見受けられ、それにはもらい泣きもあるかもしれないが、伝えようとした思いが伝わったのではないかと感じたところだ。

 崩れきらずに持ち直したところにひなたらしい芯の強さがあった……というのも確かにある。ほかにもHelloコンチェルトで田村さんがかけ声を担当したというところもうれしかったところなのだが、実は最後のあいさつでの立ち振る舞いとぽつんと言った一言に、これまで以上のひなたらしさを感じるところがあった。

  • 「Thank You!」

 最初のあいさつのときとは明らかに表情も変わり、感極まるという雰囲気とは無縁というぐらいに、楽しくて仕方がないという興奮状態になっていたのは見て取れた。ライブの臨場感や雰囲気にふれて高まっていることに触れ、「いいですね、ライブって。楽しいね」と言って、その後も少し天然ぽい振る舞いとマイペースに話を続けていた。ソロ曲を普通に歌えていたとしても同じような感想を言っていたのかもしれないが、ソロ曲の出来事があった上で見てみると、言い回しこそ田村さんではあったものの、楽しい気持ちを素直に受け止める純粋さと前向きさに、ひとつ奥にあるひなたの姿を感じた次第だ。

(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]