logo

アイマス好き記者がひなたの誕生日にあわせて振り返る「ミリオンライブ!」

佐藤和也 (編集部)2015年07月04日 09時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 CNET Japanの編集記者が日々の取材や暮らしの中で気になったサービスやユニークなガジェット、驚きの技術、ウェブで話題のトピックなどを、独自の視点で紹介していく連載「編集記者のアンテナ」。第28回は、主にゲームを中心としたエンターテイメント領域を取材している佐藤が担当する。

 筆者がサービス開始時より注目し続けている、バンダイナムコエンターテインメントがGREE向けに配信しているソーシャルゲーム「アイドルマスター ミリオンライブ!」。これまでも2013年3月12月2014年9月と3回にわたって、筆者の独断と偏見を交えつつインプレッションや振り返り記事を掲載した。今回はその第4弾で、前回掲載してからこれまでのミリオンライブ!を振り返る。

 本作は、プレイヤーが芸能事務所765プロに所属するプロデューサーとして、同事務所で活動する50人のアイドルたち「MILLION ALLSTARS」(ミリオンオールスターズ)をプロデュース。各地での営業や合同フェスでライバルたちとのアピール合戦などの活動を行い、アイドルたちの活動拠点である765プロライブ劇場を発展させるとともに、彼女たちをトップアイドルへと導くことを目的としたソーシャルカードゲームだ。初期段階から全キャラクターにボイスが付いているのも特長(※ボイス再生機能はスマートフォンのみ対応)。

  • メイン画面では3人ユニットのセンター、ライト、レフトの位置、アイドルのポーズも任意で設定が可能。セリフにある再生ボタンをタップすると、実際に喋ってくれる。

  • 登場するカードのイラストは、テレビアニメ「アイドルマスター」を手がけているA-1 Picturesの新規描き下ろし。カードによってはボイス再生にも対応している

  • 合同フェスではBPを消費することでアピールを行う。セットしたカードによって、多様なスキルが発動する

新プロデュースモード「765プロ全国キャラバン」が開始。2周年記念キャンペーンも

 サービス開始から約2年半ほどが経過。すでに数えきれないぐらいのカードが登場し、さまざまな新規機能も実装された。ゲーム内で大きな出来事といえば、2カ月を1シーズンとして展開しているプロデュースモードにおいて、「プラチナスターライブ編」に続く「765プロ全国キャラバン」が開始されたこと。シーズンごとに決められたエリアでアイドルたちと一緒にさまざまな営業活動を行い、エリア締めくくりのライブを成功させるというものだ。1年かけて全国6エリアを展開する。

  • さまざまな仕事を行いファンを獲得するとともに、仕事の達成度を上げて新たな仕事を開放していく

  • アイドルにもそれぞれ「ご機嫌」が設定されおり、状態によって獲得ファン数が変化する

  • 選択肢が登場し、その回答によってアイドルのご機嫌が変化することも

  • 仕事の内容と選んだアイドルの組み合わせによって開放されるストーリーも用意されている

  • アイドルからのメールや留守電メッセージが届くことも。留守電はボイスで聴くことができる

  • シーズンの締めくくりは、ゲーム内でライブイベントが実施される

 ほかにも細かいところでは、シーズンユニットとは別にお気に入りのアイドルで組んだユニットに仕事を任せる「劇場」の仕様が変更。さらにアプリ版の配信も開始した。2月には2周年記念キャンペーンを実施、4月からはテレビアニメ「アイドルマスター」の再放送と連動したキャンペーンも行われた。

 ゲームの外の展開としても、プラチナスターライブ編にあわせて展開されたCD「THE IDOLM@STER LIVE THE@TER HARMONY」(LTH)ならびに発売記念イベントが一段落。4月には、キャスト陣による2度目の単独ライブイベント「THE IDOLM@STER MILLION LIVE! 2ndLIVE ENJOY H@RMONY!!」を開催。2日間とも会場の幕張メッセイベントホールを埋め尽くすほどの盛り上がりを見せていた。そのセカンドライブをイメージした同名のゲーム内イベントも実施。ゲームの外の出来事がゲーム内に反映するかのような展開も行われた。

  • 劇場の仕様がシンプルな形となった

  • 2周年記念として配布された最上静香のカード。ほかにもボイスドラマやプレゼントキャンペーンなどが行われた

  • iOSとAndroidアプリ版もリリース(画像はiOS版)。BGMが流れるようになっている

  • テレビアニメ再放送記念で、アニメでは語られなかったエピソードをボイスドラマで楽しめる「NoMake!」が公開

  • 2日間で総勢21人のキャスト陣が登場し熱唱したライブイベント「THE IDOLM@STER MILLION LIVE! 2ndLIVE ENJOY H@RMONY!!」

  • ゲーム内でセカンドライブを再現したイベントを開催。出演したキャストが担当するアイドルの、新たなライブ衣装イラストが用意された。PC向けの公式サイトでは、期間限定で壁紙として配信されている

-PR-企画特集