logo

LINE、自由にBOT開発できるアカウントを無償公開--先着1万人限定で

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 LINEは、メッセージングAPIのオープン化に先駆け、BOTアカウントを自由に開発できる「BOT API Trial Account」の無償提供を、4月7日に開始した。先着1万人限定で提供する。

「BOT API Trial Account」の仕組み
「BOT API Trial Account」の仕組み

 希望者は、同日開設したLINE@やLINE Loginなどの申込・管理ができるビジネス向けポータルサイト「LINE BUSINESS CENTER」から登録。自社や個人で開発したシステム・サービスとLINEアカウントを連携させ、API形式でメッセージの送受信が可能なBOTアカウントを作成できる。

 たとえば、レストラン検索やスケジュールアプリと連携し、予定通知やクーポン発行をしたり、スマート家電などのハードウェア類と連携したりしてLINEから操作できる。

「BOT API Trial Account」のイメージ
「BOT API Trial Account」のイメージ

 BOT API Trial Accountで開発されたアカウントは、友だち登録可能なユーザー数の上限が50人までに設定されており、不具合が発生した場合などに予告なく一時停止・終了する可能性があるとしている。

-PR-企画特集