「LINE@」でEC開設できる機能が公開--クーポンやショップカードも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 LINEは4月7日、「アカウントページ機能」をアップデートしたと発表した。アカウント上で発行する「クーポン」や、LINE内のポイントカード機能「ショップカード」、LINEアカウント上で直接ECを展開できる「コマース」などのプラグイン機能の提供を開始した。

 アカウントページ機能は、LINE@アカウントやLINE公式アカウントを保有する企業や店舗が、LINEアプリ内に専用のウェブサイトを開設できる機能。お知らせやイベント告知、新着情報などアカウントについての情報を、一般のウェブサイトと同様に作成・発信できる。

LINEアカウントページ
LINEアカウントページ

 アカウントページに表示する情報は、店舗の営業時間やサイトURLなどの「基本情報」、地図や最寄り駅からの時間を表示する「アクセス」、該当アカウントがホームに投稿した内容を表示する「タイムライン」など。そのほか、クーポンやショップカード、コマースなど、17のプラグイン機能を提供する。

 プラグインによる表示を設定できる機能は、LINEだけでなく外部のパートナー企業による開発・提供も可能。4月7日時点で、グルメサービス「Retty」のレビュー情報、グルメ・レストランサイト「ヒトサラ」のメニュー情報が表示できる。外部企業からのプラグイン提供については、LINEパートナーサイトから申し込みを受け付ける。

プラグイン表示設定
プラグイン表示設定

 各種プラグインの設定は、アカウントの状態によって異なる。たとえば、LINE@アカウントのみショップカードとコマースの設定が表示される。同様に、グルメ領域に登録されるアカウントに限り、「LINEグルメ予約」「おすすめメニュー」「口コミ」が利用できる。また、有料アカウントでは「広告表示」の設定をオフにできる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加