[ブックレビュー]迷いながら仕事をしているあなたに--「イキイキ働くための経営学」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細:単行本(ソフトカバー) / 232ページ / 翔泳社 / 価格:1706円 / 著者:佐々木圭吾、高橋克徳 / 発売日:2016/03/15 / 外形寸法 (H×W×D):18.9cm×12.8cm×1.4cm / 重量:0.2kg
内容:経営学と言うと、かなりハードルが上がってしまいそうだが、タイトルにもあるように「イキイキと働くこと」を念頭においたビジネス書だ。「組織」とは何か?、リーダーとはどうあるべきか? など、誰も教えてはくれないが、知っていると多くの"気づき”を与えてくれる。
Amazon.co.jpアソシエイト

 「経営学」とタイトルに付くことから、これから会社を興そうとしている人や、会社の経営に関わる年代の人が読む本かと思うかもしれないが、本書は、主に20代を中心とする働く若者に向けたメッセージが込められた本だ。「自分らしく働く」とはどういうことか、そのためにはどうすればいいのかを、迷いながら仕事をしている若者に、優しく語ってくれている。

 会社の「経営戦略」を知る意味、組織の善し悪しを決める要素、やる気が出ない原因と対処法、リーダーになることの意義と、会社で働いていく上で、誰も教えてくれないが、知っていると毎日の過ごし方が、おそらく激変するだろうことばかりだ。

 仕事に追われていても、ふと「言われるがままに働き続けていて、何のために働いているのだろう」と思う瞬間があるかもしれない。「自分に与えられた仕事はできているような気がするが、そもそも自分のいる会社は、どこへ向かっているのだろうか」、「なんとなく、言われたことをやっていれば、1日は終わるし、責任の重そうなリーダーなんてやりたくない」などと思っていたら、この本を手にとってみるといい。なんとなく、「もう少しがんばってみようかな」という気になれそうだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加