logo

LINE Pay、タイの電子決済カード「Rabbit」と連携

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 LINEは4月1日、タイでモバイル送金・決済サービス「LINE Pay」を展開する連結子会社のLINE Biz Plusを通じて、3月31日にBSS Holdingsとの資本提携に合意したと発表した。同社は、タイの公共交通システムや、オフライン店舗の電子決済用スマートカード「Rabbit」を提供する企業だ。

合意

 バンコク都市圏を中心に4000台以上のRabbitカード読み取り機が設置されており、500万人以上の利用者が乗車券の購入やRabbit加盟店での買い物に使用しているという。また、月間2000万人のBTS SkyTrain乗降客に利用されており、今後も増加する見込みとしている。

 一方で、タイ国内でのLINE Payの動きとして、2月にタイで実施した「Hong Bao」キャンペーンでは、1週間で800万件以上の取引を達成するなど、初期段階から順調に成長しており、サービス開始から1年ほどで登録ユーザー数は150万人以上、全国の加盟店は300店以上へと拡大している。

 今回の合意に基づいて、BSS Holdingsは、LINE Biz Plusが新たに発行する株式を買い受け、出資比率を50%にする。また、LINE Payのサービス名称を「Rabbit LINE Pay」(タイ国内のみ)に変更し、タイ国内のLINEユーザー3300万人へリーチするとしている。

 Rabbit LINE Payは、第3四半期に主要加盟店で試験運用を開始し、第4四半期にはバンコク地区にて本格展開を開始する予定。さらに、タイのモバイル決済ユーザー向けに、LINE PayとRabbit双方の提携ブランドのポイントを集めることができるプログラムなどを提供する。

-PR-企画特集