logo

「Microsoft Edge」、広告ブロック機能を搭載へ

Ed Bott (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2016年03月31日 12時49分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

UPDATE 米国時間3月31日更新:Microsoftからの電子メールで、以下の記事で言及した「セッションで紹介されたスライド」について筆者が誤解していたことが分かった。「MicrosoftはMicrosoft Edgeにネイティブの広告ブロッカーを組み込む予定はない。スライドは、Microsoft Edge向けのエクステンションを実現するために既に始めている作業を参考として示したものだ。具体的には、Microsoftが先ごろのブログに書いた、サードパーティーの広告ブロッカーのサポートを指している」

 「Windows 10」でMicrosoft最大の賭けの1つは、「Internet Explorer(IE)」を主に法人顧客向けのレガシープロダクトにする決断をしたことだ。

 代わりに登場した「Microsoft Edge」は、Windows 10と併せてバージョン1.0がリリースされてから、ゆっくりと開発が進められてきた。しかし、米国時間3月30日、サンフランシスコで開催中の「Build」カンファレンスでの発表から判断する限り、同社はその開発ペースを上げようとしているようだ。

 多くのパワーユーザーが待ち望んでいるのは、JavaScript対応の拡張機能だ。同様の機能は、Googleのブラウザ「Chrome」でも使用可能になっている。現在、JavaScript対応の拡張機能は、「Windows Insiders」登録ユーザー向けにWindows 10のプレビュー版で提供されている。待ち望まれていた拡張機能の1つである「AdBlock Plus」は、早い時期に提供される見込みであることが確認されている。

 ただし、Microsoftが示す「Edge」のロードマップは、この拡張機能を必要としない可能性を示唆している。「Microsoft Edge: What's Next for Microsoft's New Browser and Web Platform」(Microsoft Edge:Microsoftの新ブラウザおよびウェブプラットフォームの今後の予定)というタイトルのセッションで紹介されたスライドの4番目でそれが示されている。

 拡張機能はリストの1番目に挙げられ、「targeted for next edition」(次版で対応)とされている。次版とは、今夏リリース予定の「Anniversary Update」(開発コード名:「Redstone」)のことだ。

 一方、同じリストの4番目の項目、「Build ad blocking features into the browser」(ブラウザへの広告ブロック機能の組み込み)も、次版を目標としているのが分かる。

 仮にこの機能がリリースになれば、「Tracking Protection Lists(TPLs)」と呼ばれるIEの機能に置き換わる待望の機能になる。TPLsはIEにプライバシー保護機能を追加し、副次的に、多くの広告を適切にブロックする仕組みになっていた。

 TPLsは常に議論の的になり、少なくとも、Microsoftが買収したばかりのaQuantiveを披露した時期と重なったことが1つの理由となった。この動きは、オンライン広告事業でGoogleに対抗しようとするものだったが、うまくいかなかった。結局、この取り組みは大失敗し、aQuantiveの買収に伴う減損処理を招き、Microsoftはこの事業から撤退した。

 確かに、現在は状況が変わっている。Appleがモバイル端末向けの最新版「Safari」に広告ブロックを採用したように、今や広告ブロックは主流になっている。Mozillaの元最高経営責任者(CEO)Brendan Eich氏は、Brave Softwareという新興企業を立ち上げた。同社は、広告ブロック機能が組み込まれたブラウザを主力製品としている。売上高の90%超をオンライン広告が占めるGoogleは、当然のことながら同様の取り組みはしていない。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集