YouTube、次世代クリエイターを発掘する「YouTube NextUp 2016」を開催

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 グーグルは3月22日、YouTubeにおいて次世代の人気クリエイターを発掘し、支援する企画「YouTube NextUp 2016」を開催すると発表した。募集期間は、3月22日から4月11日午後5時59分まで。

 この企画に応募するには、「チャンネル登録者が1万人以上、10万人未満である」「YouTube パートナーであり、収益受け取りを有効にしている」「チャンネルが良好な状態(違反警告なし)である」「過去90日間に3本以上の動画をアップロードしている」という4つの要件を満たしている必要がある。


 対象者として選ばれたクリエイターには、25万円相当の動画制作費やYouTube Spaceで実施される4日間のクリエイター キャンプへの招待といった特典が提供される。クリエイター キャンプでは、制作のエキスパートからカメラ操作、照明、音響、編集などの技術を学べるほか、YouTubeからチャンネルの改善方法についてアドバイスを受けられるという。

 英語で「次の番」を意味する同企画は、2011年と2012年に実施され、劇団スカッシュ、瀬戸弘司、MEGWIN、妄想グルメといったクリエイターを輩出。今回も、情熱、意欲、アイデアにあふれた次世代のクリエイター最大16人を対象に、動画制作のスキルを学べる機会を提供するとしている。

 応募は、公式サイトの応募フォーム から。運営チームによる選考を経て、5月2日にYouTube クリエイターブログで結果が発表されるという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加