logo

Fossil、「Android Wear」搭載スマートウォッチに2つの新モデル

Jake Smith (ZDNet.com) 翻訳校正: 緒方亮 高森郁哉 (ガリレオ)2016年03月16日 10時11分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 人気腕時計メーカーのFossilは、新技術を手首に巻きたい顧客向けに、「Android Wear」を搭載するスマートウォッチ2モデルと、フィットネストラッカーのシリーズを発表した。

 スマートウォッチは「Fossil Q Marshal」「Fossil Q Wander」と名付けられ、タッチディスプレイと無線充電機能を搭載し、価格は275ドルからとなる。もちろん、ユーザーは手首に付けたAndroid Wearから、電話に出たり、テキストメッセージに返信したり、アプリを起動したりできる。

 これらの新モデルは44mmと46mmの2つのサイズで売り出され、Fossilの既存のスマートウォッチである「Fossil Q Founder」「Fossil Q54 Pilot」「Fossil Q Grant」に加わることになる。

Fossil Q Marshal
Fossil Q Marshal

 Q MarshalとQ Wanderは、Fossil製の通常の腕時計に似た外見にデザインされており、この点は多くの顧客が高く評価するかもしれない。Fossilのスマートウォッチはこれまで、厳密にはタッチ機能のないアナログ時計で、顧客はスマートウォッチを見ていても、そうとは気づかない可能性があった。

 Fossilはまた、フィットネストラッカーの「Q Motion」も発表した。価格は95ドルで、着信通知、テキスト、触覚バイブレーションなどの機能を備え、複数カラーのLEDライトを搭載する。

 Fossilによると、今回発表されたウェアラブルは2016年中に発売されるという。

Fossil Q Wander
Fossil Q Wander

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集