MWC 2016

Cyanogen、「MOD」プラットフォームでMS改変アプリを多数提供へ

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 水書健司 高橋朋子 (ガリレオ)2016年02月23日 11時15分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 MicrosoftとCyanogenは既存のパートナーシップを拡大し、携帯電話メーカーやサービスプロバイダーがシステムに組み込める新たな改変アプリの提供を開始する。

 米国時間2月22日、「Mobile World Congress」(MWC)において発表されたCyanogenの新しい「MOD」プラットフォームは、「Skype」「Cortana」「Hyperlapse」「OneNote」「Truecaller」など、Microsoftの改変アプリを多数提供する。この新しいMODプラットフォームは3月、「Cyanogen OS 13.0」以降を搭載したデバイスを対象にリリース予定だ。

 Microsoftと「Android」OSを手がけるCyanogenは2015年4月に提携を発表し、Microsoftのアプリとサービスを「Cyanogen OS」に統合する意向を明らかにしていた。

 CyanogenのMODプラットフォームを通じて、Microsoftのような開発者はCyanogen OS内にあるコアプラットフォームのプログラミングインターフェースを利用可能になる。また、ユーザーは各種の改変アプリをインストールできる。例えば、Skypeの改変アプリを直接ダイヤラーにインストールして、VolP通話機能を追加することが可能だ。

 Cyanogenの「MOD Ready」プログラムを介してOEMやモバイルネットワーク事業者に提供される新たな改変アプリは、Skypeのほかにも、安定した「一人称視点動画」の撮影を可能にするMicrosoftのHyperlapseの改変アプリ、ダイヤラー、ブラウザ、Eメール、カレンダーにメモ機能を加えるOneNoteの改変アプリ、スパムIDを表示してブロックするTruecallerの改変アプリ、ロック画面にSNSの投稿を表示する改変アプリ、および音声コマンドによる自撮りなどの操作が行えるCortanaの改変アプリなどがあると、Cyanogenは述べている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加