MS、ビデオチャットアプリ「Skype Qik」のサポートを終了へ

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 佐藤卓 吉武稔夫 (ガリレオ)2016年02月23日 10時23分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間3月24日、「Android」「iPhone」「Windows Phone」向けに提供していた同社ビデオチャットアプリ「Skype Qik」のサポートを終了する。

  2月22日付けの「Skype」公式ブログの記事では、このアプリのサポートを終了するのは、Qikに搭載された機能の一部が、もうSkype自体で利用できるようになっているからだとしている。

 Microsoftによれば、3月24日を過ぎるとQikを使ったメッセージのやり取りができなくなるため、残しておきたい特別なメッセージがあるユーザーは、同日までに保存しておく必要があるという。

 Microsoftは、ブログの中で次のように説明している。「われわれは2014年に、友人のグループと大切な瞬間を共有できるモバイルビデオメッセージングアプリとしてSkype Qikをリリースした。だがそれ以降、ユーザーの多くがSkypeですでに同じようなことをしていることがわかった。そのため、Qikで最もよく使われている機能の一部を、ユーザーが前から知っており、好んで使っているSkypeアプリに移行した」

 ビデオメッセージ機能は、フィルターと同様に、Microsoftの各Skypeアプリで提供されている。また、Microsoftは最近になって、「iOS」と「Android」の携帯電話向けに無料のグループビデオ通話機能の提供を開始した

Microsoftは、同社ビデオチャットアプリ「Skype Qik」のサポートを終了することを明らかにした。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加