logo

IT支出、2019年までに2.8兆ドルに増加--IDC調査

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2016年02月05日 12時22分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 大企業、政府、中堅中小企業(SMB)などにおけるIT支出は、2019年には2兆8000億ドル以上に増加するだろうとの予測を調査会社IDCがレポートで明らかにした

 この最新レポートの結果は、2015年における2億4600億ドルからの増加を示している。

 最大のIT支出元は、組立て製造、銀行、電気通信などの業界で、2019年までの全支出の8%以上をそれぞれが占める。

 2015年から2019年までの予測期間で成長が最も速い業界は、医療関係で5年間の年平均成長率(CAGR)が5.5%となっている。

 銀行および保険は、メディアおよび資源産業とともに2位で、5年間のCAGRはそれぞれ4.6%となっている。

 規模については、IT支出の40%以上が従業員1000人以上の企業からとなる。SMB分野は、全IT支出のおよそ4分の1を占める。

 IT支出の多くがソフトウェアに向けられるようになると同レポートでは述べている。ERPに加えて業務および製造アプリケーションがソフトウェア支出の大きな割合を占めることになる。ネットワークソフトウェア、コラボレーションアプリケーション、およびデータのアクセスやアナリティクス、デリバリを担うアプリケーションは、成長が最も速くなる。

 ハードウェアは、全体として最も大きな割合を依然として占めると予想され、IT支出のおよそ40%を占め、デバイス、インフラ、そしてスマートフォンなどの通信ハードウェアへと向けられる。PCは、販売が全体的に不振だが、IT支出において依然として重要な分野であり続けるとIDCは述べている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集