食べログ、予約台帳アプリ「ヨヤクノート」を公開--飲食店の業務支援事業へ進出

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 カカクコムは2月3日、同社が運営するグルメサイト「食べログ」において、飲食店向け予約台帳アプリ「ヨヤクノート」の提供を開始した。飲食店の業務支援事業へ進出し、事業領域の拡大を図るための取り組みの第1弾となるという。

「ヨヤクノート」
「ヨヤクノート」

 新たに提供されるヨヤクノートは、飲食店の予約を簡単かつ便利に管理できるシステム。人材不足が深刻化する外食産業において、業務オペレーションの効率化/コスト削減を目指すとしている。

 具体的には、タイムテーブルで空席を見つけることができ、配席の調整もヨヤクノートアプリを導入した端末で行うことができる。ダブルブッキングなどの予約ミスについては、システムが自動で検知するので、業務に慣れていない新人スタッフでも安心して予約業務を任せられるようになるという。

 さらに、通話しながらも操作できるように、テンキーや手書メモ、写真メモ、音声メモなどの機能を搭載。クラウド管理のため、外出先や系列店から予約台帳を閲覧でき、自店が満席の時に系列店へと案内できる。

「ヨヤクノート」の画面イメージ
「ヨヤクノート」の画面イメージ

 また、飲食店が予約を登録する際に自動的に顧客情報を登録する顧客台帳機能を搭載。これにより、飲食店における顧客管理の普及を本格化させるという。これまで、グルメサイトの販促は新規顧客獲得がメインだったが、完全自動化された顧客台帳を通して、リピーター育成/CRMソリューションへと提供価値を広げるとしている。

 さらに、インターネット予約との自動連携により、ネット予約の空席情報に自動で反映される。 グルメサイトでネット予約が登録/更新されると、ヨヤクノートに自動で反映されるため、飲食店のインターネット予約の運用作業が完全自動化できるようになるという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加