KDDI、スワイプで誤入力を自動補正する「Fleksy」のiOSアプリを公開

藤井涼 (編集部)2016年02月02日 19時26分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDI研究所は2月2日、米国Fleksyとともに、文字入力アプリ「Fleksy」の日本語版をiOS向けに公開した。iOS 8.0以上のiPhone、iPad、iPod touchに対応しており、NTTドコモやソフトバンクの端末でも利用できる。同社では、1月21日にAndroidアプリを公開していた。

 Fleksyは、スマートフォンでの文字の誤入力を、簡単に自動補正できるキーボードアプリ。「た、な、は」の列を左から右にスワイプするだけで変換してくれる。フリック時の指の位置や、スワイプの方向を解析して、最も近い言葉に変換する。これにより、文字を打ち間違えても正確な単語に変換できるため、高速な文字入力が可能になるとしている。

「Fleksy」のイメージ
「Fleksy」のイメージ

 KDDI研究所は、米Fleksyが従来実装していた「QWERTY キーボード」に加えて、日本語独自の入力方式である「フリック入力」に対応。また、KDDI研究所の文字入力や自然言語解析の技術を活用して、日本語入力に対応したジェスチャー操作UIと、誤入力自動補正機能を搭載した。

 ただし、iOS版を利用するには、初回に少々複雑な設定が必要になる。Fleksyアプリを起動してインストールを選ぶと、iOSのキーボード設定画面に遷移するため、そこで「新しいキーボードを追加」からFleksyを選択。この時点では日本語化されていないため、再びFleksyアプリを立ちあげて、画面右上の「More」アイコンをタップ。「Language」から日本語を選ぶとダウンロードされるので、日本語にチェックを入れる。さらに、日本語の欄にある「QWERTY」の項目をタップして「Flick」を選ぶことでフリック入力を使えるようになる。

 なお、iOSアプリならではの機能として、画面右上の「More」からキーボードサイズを選ぶこともできる。サイズを「Large」に変更することで、より打ち間違えを減らすことができそうだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加