アップル、「iOS 9.2.1」と「OS X 10.11.3」を公開

Zack Whittaker (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2016年01月20日 09時54分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは、「iPhone」および「iPad」、そして「Mac」シリーズ向けにソフトウェアアップデートをそれぞれ公開した。

 Appleは米国時間1月19日、「iOS 9.2.1」と「OS X 10.11.3」を公開するとともに、両アップデートではセキュリティパッチと安定性のための修正が主な内容となっていることを明らかにした。

 Macプラットフォーム向けには9件の修正が提供されており、これには、攻撃者にカーネル特権でのコード実行を可能にする脆弱性に対処するための修正が含まれている。また、このパッチには、一部のMacが一部の4K解像度ディスプレイに接続された状態でスリープから復帰しないという問題に対処するための修正も含まれている。

 iOSプラットフォーム向けにも9件の修正が提供されており、これには、悪意を持つポータルがユーザーのクッキーにアクセスすることを可能にするWebSheetの脆弱性に対処するための修正が含まれている。

 しかし、iPhone 6sにあるタイムゾーンに関連したバグで、バッテリ残量を誤って表示する問題は解決されていない、とAppleの広報担当者の発言を引用したある報道は述べている

「iOS 9.2.1」が公開されたAppleのモバイルOS
提供:NET/CBS Interactive

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加