日本MS、国内でも「Surface Book」を2月4日より発売へ--一般向けは20万4800円から

坂本純子 (編集部)2016年01月13日 12時12分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本マイクロソフトは1月13日、Windows 10を搭載したノートPC「Surface Book」を2月4日に発売すると発表した。発売に先立ち、1月14日より予約受付を開始する。2月3日までに予約した人を対象に、特製Surface ペンスタンドの特典を付ける。

「Surface Book」
「Surface Book」
特製Surface ペンスタンド
特製Surface ペンスタンド

 Surface Bookは、Microsoftが初めて自社開発したノートPCだ。脱着式のキーボードにより、利用シーンに応じてディスプレイ部を取り外して薄型タブレットとしても利用できるのが大きな特徴だ。2015年10月の発表から大きな注目を集め、日本での発売が待たれていた。

 バックライト対応のキーボード、5点マルチタッチのガラス製トラックパッド、最大12時間のバッテリ駆動時間など、ノートPCとしての利便性を向上するとともに、インテル 第6世代 Coreプロセッサ(Skylake)、最大512Gバイトのストレージを備える。外部GPU搭載モデルでは、NVIDIA GeForceをキーボード部に搭載している。

 重さはGPU非搭載モデルが約1516g、GPU搭載モデルが約1579g。タブレット時は約726gとなる。

脱着式のキーボードにより、利用シーンに応じてディスプレイ部を取り外せる
脱着式のキーボードにより、利用シーンに応じてディスプレイ部を取り外せる

 13.5インチ PixelSenseディスプレイの解像度は3000×2000(267ppi)、600万ピクセル、1800対1のコントラスト比、sRGバイトを100%カバーする色再現性を備える。

 ディスプレイは「クリップボード ボタン」により本体から簡単に取り外して薄さ7.7mmのタブレットとして使用できるほか、1024段階の筆圧レベルに対応したSurface ペンによる入力も可能だ。フロント カメラは Windows 10 の新機能 Windows Hello に対応し、タブレットとして利用する場合でも顔認証によりパスワード不要でログインできる。

ボディはマグネシウム合金で、カラーはシルバーのみ
ボディはマグネシウム合金で、カラーはシルバーのみ

 一般向けには全国量販店グループおよびMicrosoft Store(オンラインストア)から、法人向けには認定Surfaceリセラーなどで販売する。

 価格はいずれも税別で、法人向けが19万800円、一般向けが20万4800円から。ほか、文教モデルとして法人向けに17万1120円~のモデルが用意されている。

 なお、一般向けモデルには、Office Home & Business Premium プラス Office 365 サービスがプリインストールされている。法人向けモデルは搭載されておらず、別途Officeを購入する必要がある。価格と構成は下記のとおり。

「Surface Book」スペックと価格
「Surface Book」スペックと価格
  • このエントリーをはてなブックマークに追加