logo

ソフトバンク、「ギガ学割」の特典を毎月3Gから6Gへ拡大へ--KDDIに対抗

坂本純子 (編集部)2016年01月12日 21時08分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトバンクは1月12日、1月15日から実施する「ギガ学割」の特典を変更し、25歳以下のユーザーを対象にしたデータ増量特典を毎月3Gバイトから6Gバイトに拡大したと発表した。ギガ学割は、新規契約(25歳以下のユーザーは機種変更を含む)を対象にしたキャンペーンだ。申し込みは5月31日まで。

 同日午前中にギガ学割を発表したソフトバンクだが、午後に発表されたKDDIの学割内容を受けた措置だ。

 なお、キャンペーンとして、200Gバイトとキリのいい数字でPRするが、実際は6Gバイト×36カ月で216Gバイトになる。これは、23万3280円相当(「スマ放題」「スマ放題ライト」データ定額パックの追加データ購入単価で換算した場合)になるという。

 25歳以下のユーザーの家族向け特典となる容量は、100Gバイト(実際は3Gバイト×36カ月=108Gバイト。11万6640円相当)で変わらない。データ容量の増量か、ホワイトプランの月額基本使用料が3年間0円(「スマ放題」「スマ放題ライト」の場合は2年間1620円割引/月)割引のいずれかを選択できるのも同じだ。

 KDDIは、開催した同社の春モデル発表会の中で、若年層に向けたキャンペーンを発表。KDDIは、25歳以下で「データ定額5/8/10/13」に契約したユーザー向けに25歳までデータ容量(5Gバイト)を毎月プレゼントするとした。中学1年生の場合、25歳までに780Gバイトがもらえることになるという。ただし、データの増量は25歳以下の本人のみとなっており、家族はデータ定額料金から最大1年間、月額1000円を値引く(LTEフラットの契約の場合は、最大1年間934円割引)。

au、25歳まで毎月5Gバイト増になるキャンペーン--1Gバイトプランは「間もなく」
3Gバイト×36カ月をプレゼント--ソフトバンク、25歳以下と家族向けの「ギガ学割」

-PR-企画特集