お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

au、25歳まで毎月5Gバイト増になるキャンペーン--1Gバイトプランは「間もなく」

2016/01/12 16:24
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDI、沖縄セルラーは1月12日、25歳以下で「データ定額5/8/10/13」に契約したユーザー向けに25歳までデータ容量(5Gバイト)を毎月プレゼントするキャンペーンを1月14日より開始すると発表した。期間は5月31日まで。

キャンペーン適用価格
キャンペーン適用価格
家族も1年間毎月1000円引きに
家族も1年間毎月1000円引きに
中学1年生の場合、25歳までに780Gバイトがもらえることになるという
中学1年生の場合、25歳までに780Gバイトがもらえることになるという

 さらに25歳以下のユーザーとその家族を対象に、新規の契約(MNP含む)時に「データ定額5/8/10/13」を契約すると毎月のデータ定額料金から最大1年間1000円を割引く(LTEフラットの契約の場合は、最大1年間934円割引)。このキャンペーンは、既にauを利用している25歳以下のユーザーも期間中に機種変更をすれば、同様の特典が受けられる。

 たとえば、データ定額5に契約すると、通常は5Gバイトで5000円のところ、学割適用をすることで10Gバイト(5Gバイト+5Gバイト)で4000円(1000円値引き)、さらにauスマートバリューを適用すれば10Gバイトで2590円(1410円の値引き)となる。

 5Gバイトのデータを受け取るには、ユーザー宛に毎月届く容量の増加の通知をもとに、「デジラアプリ」を起動してデータをチャージする。受け取れるのは、26歳の誕生月までという。

スマートフォンのデータニーズ
スマートフォンのデータニーズ

3人に1人はデータ容量が超過--主な使用は動画

学生に足りないのはデータ容量
学生に足りないのはデータ容量

 KDDIによれば、10代、20代におけるスマートフォン浸透率は、2015年9月末時点で約80%という。スマートフォンの平均データ利用量(月間)は、au全体で3.6Gバイトに対して13歳~25歳(学生世代)では5.3Gバイトとなっており、さらに増加傾向にあるという。若い世代が、主に何に使っているのかといえば動画だ。13歳~25歳(学生世代)では、約4割が契約のデータ容量(月間)を超過しており、契約データ容量に対して、より大容量へのニーズが顕在化しているとした。

学生のサイト利用率
学生のサイト利用率
三太郎シリーズのCMでおなじみの乙姫(菜々緒さん)、浦島太郎(桐谷健太さん)、かぐや姫(有村架純さん)も登壇した
三太郎シリーズのCMでおなじみの乙姫(菜々緒さん)、浦島太郎(桐谷健太さん)、かぐや姫(有村架純さん)も登壇した
初めて発表会に訪れる乙姫役の菜々緒さんに田中社長が握手を求める場面も
初めて発表会に訪れる乙姫役の菜々緒さんに田中社長が握手を求める場面も
データチャージカードやau WALLETのチャージカードも
データチャージカードやau WALLETのチャージカードも

 KDDI代表取締役社長の田中孝司氏は、「1年前に三太郎シリーズのCMをスタートした。2016年の新CMは、今年もいろいろありそうだなというイメージをもってもらえればと思っている。今年は“ドッカーン”という思いでいきたい」と切り出した。

 「今から15年前、学割といえばauだった。最近は変わってきており、いまの学生さんは、お金がないんじゃなくてデータが欲しい。実際にヒヤリングしてきた。auどうしていくのか? 今年の学割はドッカーンと考え方を変えてみた。今年は違うauの学割。25歳まで毎月ずっと5Gバイトプレゼントすれば不自由がなくなる」と説明した。

 仮に中学1年生の場合、毎月5Gバイトを積み重ねていくと25歳までに合計780Gバイトになるとし、田中氏は「ドッカーンと、へろへろになるぐらい値引いた」と自信を見せる。「今回は相当ガツンといったので、他社が追従するのは大変かと思うが、もし追従して来たら考える。auって今年は違うよね、ということ。auは学生を超応援していくので、皆さんも超応援してほしい」と呼びかけた。

 さらに、「これ以上親に頼りにくい」といった声もあるとし、学生がアルバイト代などで容量を追加購入できるよう、auショップでデータチャージカードを販売する。1.5Gバイト、3Gバイト、5Gバイトの3種類。au WALLETももっと自由にチャージしたいとの要望があるとし、1000円、3000円、5000円のカードを販売する。

スマートフォンのデータニーズ。1Gバイトプランは後日発表するとのこと
スマートフォンのデータニーズ。1Gバイトプランは後日発表するとのこと

 なお、政府はキャリア3社にデータ利用容量の少ない人に向けた低価格プランを要望しており、ソフトバンクが先陣を切って1Gバイトまでのデータ通信ができるプランを4月以降に導入することを発表している。KDDIは、若年層はデータ容量が足りない傾向にあるが、60代では1Gバイトプランの要望が24.8%あるとし、「Coming soon。もう少ししたら1Gバイトプランも発表したいと思っている」とコメントした。

 このほか、KDDIは2016年春モデルとして4機種を発表している。

 25歳以下の若年層に向けたキャンペーンは、ソフトバンクも同日、電力サービス「ソフトバンクでんき」とともに「ギガ学割」を発表している。

「5Gバイトでドッカーン!」とアピールする乙姫
「5Gバイトでドッカーン!」とアピールする乙姫
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社