logo

年明け約30分間はメール・通話を控えて--TCAとキャリア3社発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 一般社団法人電気通信事業者協会とNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの3社は12月25日、年末年始の通話とメールに関するお願いを発表した。

 大晦日から元日にかけての午前0時頃から約30分間は、通話やメールが集中し、携帯電話がつながりにくくなったり、メールの配信遅延が発生したりすることが予想されている。

 キャリア3社は、できるだけ多くのメッセージを届けるとしているが、やむをえず、ユーザーの携帯電話の利用を一時的に制限する可能性もあるという。そのため、通話・通信が集中する大晦日から元日の約30分間は、通話やメールをなるべく控えるよう呼びかけている。

-PR-企画特集