logo

ビットコインの相場や収支を枕元で確認--仮想通貨対応アラーム時計「TIXIE」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ブロックチェーン技術で実現される仮想通貨のなかで、もっとも有名なものは「Bitcoin(ビットコイン)」だろう。ビットコインが広く知られるようになったのは、皮肉なことにBitcoin取引所であるマウントゴックス(Mt.Gox)の経営破綻だ。これを切っ掛けに仮想通貨全体の信用が失われて使われなくなると思いきや、さまざまな取引で活用されつつあるらしい。

 そこで、ビットコインを身近に感じたり、実際に使う際に役だったりする卓上アラーム時計「TIXIE」を紹介しよう。現在クラウドファンディングサービス「Indiegogo」で支援募集中だ。

ビットコインを身近に感じるアラーム時計(出典:Indiegogo)
ビットコインを身近に感じるアラーム時計(出典:Indiegogo)

 TIXIEは、ベッドサイドなどに置いて使うデジタル表示のアラーム時計。もちろん普通の時計として使えるが、最大の特徴は現地通貨でビットコインの相場を表示する機能。さらに、赤と緑の光を使って、上昇基調にあるか下降基調にあるかも一目で分かるよう示す。

現地通貨でビットコインの相場を表示(出典:Indiegogo)
現地通貨でビットコインの相場を表示(出典:Indiegogo)

 ビットコインを管理しているウォレットの状況も表示可能。TIXIEで収支がどうなっているかを確認できる。

ウォレットの状況も確認(出典:Indiegogo)
ウォレットの状況も確認(出典:Indiegogo)

 アラーム時計としては、時刻に加え温度も表示する。USBポートを2つ備え、スマートフォンやタブレットの充電にも対応している。

 Indiegogoでの目標金額は3万ドル。記事執筆時点(日本時間12月25日12時)で集まった資金はまだ1445ドル。キャンペーン期間はあと37日ある。

-PR-企画特集