logo

[ウェブサービスレビュー]ローカルストレージの“余り”を提供して容量増に--「Symform」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Quantum Corporation
内容:「Symform」は、ローカルデータのバックアップを主目的としたオンラインストレージサービスだ。10Gバイトまで無料で利用できるほか、ローカルで利用しているストレージの余り容量を提供する代わりに、最大200Gバイトの容量を手に入れられることが特徴。

 「Symform」は、ローカルデータのバックアップを主目的としたオンラインストレージサービスだ。10Gバイトまで無料で利用できるほか、ローカルで利用しているストレージの余り容量を提供する代わりに、最大200Gバイトの容量を手に入れられることが特徴だ。


「Symform」トップページ。ハードディスクメーカーとして有名なQuantumが提供する。対応プラットフォームはWindows、Mac、Linux

 利用にあたってはまずクライアントソフトをダウンロードし、インストールをする。アカウントを作成した上で、手順に沿って同期対象のフォルダを設定すると、クラウドへのバックアップが開始される。クラウドにバックアップされたデータはブラウザからの参照はもちろん、iOSおよびAndroid用のアプリを使ってスマホやタブレットから参照することもできる。

 本サービスがユニークなのは、ユーザーが所有するローカルストレージの一部領域を提供することで、バックアップに使える容量を増やせることだ。新規にもらえる容量は、提供したローカルストレージの容量の半分。つまり200Gバイトの空き容量を提供すれば、クラウドで利用できる容量を100Gバイト増やすことができる。HDDの余った容量を提供するもよし、SSDに換装して余ったHDDをまるごと提供するもよしと、工夫次第で容量を増やせる。

  • クラウドにバックアップしているフォルダの一覧。階層の異なるフォルダを指定できる。サイズおよび更新日も表示されている

  • 個々のファイルはプレビュー機能もなく、また拡張子ごとのフィルタリングなどの機能もないなどシンプル。ファイルのダウンロードは右クリックからひとつずつ行う

  • クラウドの容量表示。ここでは無料でもらえる10Gバイトのほか、ローカルストレージ10Gバイトを提供したことで得られた5Gバイト、合わせて15Gバイトのうち9.46Gバイトを使用していることが表示されている

 さらに本サービスはQNAP製のNASとも連携しており、NASの容量の一部を提供することで、NAS上の指定フォルダをクラウドにバックアップできる。オンラインストレージと連携できるNASは最近増えつつあるが、Tバイト単位の容量を持つNASに比べると、オンラインストレージの容量はどうしても見劣りする。その点、本サービスであれば、上限が200Gバイトとはいえ、NASの容量と引き換えに、コストを掛けずにクラウドへの大容量バックアップが可能になるというわけだ。

 ローカルのクライアントソフトからは同期対象にネットワークフォルダが指定できなかったり、100Mバイトを超えるデータはブラウザ経由のダウンロードができないといった制限はあるが、大容量のクラウドストレージを無料で手に入れられる画期的なサービスだ。ブラウザインターフェースとクライアントソフトで設定可能な項目が分かれているほか、クライアントソフトおよびサイトも英語表示ということでややハードルは高いが、ローカルのハードディスクの容量が余っている人は、チャレンジしてみる価値は大いにありそうだ。

  • QNAPのNASとも連携でき、PCにインストールしたクライアントソフトを介さずにNASから直接クラウドバックアップが可能

  • ローカルストレージを提供せずに有料購入も可能

  • こちらはクライアントソフト。同期対象フォルダの指定はこちらから行う

  • 提供する容量はスライダで調整できる。提供したローカルストレージは同サービス側のデータの保存に使われる。もちろん暗号化されており中身は見ることはできない

  • やや裏技になるが、ローカルドライブ以外にリムーバブルディスクを指定することも可能

  • Windowsの場合、ファイルの転送状況はタスクトレイから確認できる

-PR-企画特集