logo

グーグル、チャットボットを採用したメッセージサービスを開発中か

Liam Tung (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2015年12月24日 08時39分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 FacebookがMessengerで提供する人工知能(AI)ベースのパーソナルアシスタントサービス「M」に対抗して、Googleが、ユーザーとチャットボットをつなぐ新しいモバイルメッセージアプリを開発中だと報じられている。

 The Wall Street Journal(WSJ)によると、この新サービスでは、ユーザーが質問を入力し、Googleがそれに回答する最適なチャットボットを検索するという。

 Googleの目標は「Telegram」が擁するチャットボットマーケットプレイスに似たものを開発することだと、同記事には記されている。同アプリは安全性の高いメッセージサービスとして提供されている。このメッセージプラットフォームはサードパーティーの開発者らに公開されており、開発者は、友人を見つけたり、画像を検索したりといった、シングルタスクを実行するためのボットを作成することができる。

 ユーザーは、Googleの検索エンジンにクエリを入力する代わりにテキストメッセージとして質問を送信し、チャットボットがそれに応答する。同プロジェクトに詳しいある情報筋によると、Googleは、同サービス上で稼働するチャットボットを外部開発者らが構築できるようにする可能性が高いという。

 WSJによると、Telegramのボットプラットフォームはチャットボット開発企業である200 Labsが構築したものだという。200 Labsは10月、Googleによる買収提案を拒否している。

 Googleの新しいメッセージアプリを統括するのは、Googleコミュニケーション担当バイスプレジデントを務めるNick Fox氏である。同部門は、「Hangouts」などの製品、WebRTC(リアルタイムコミュニケーション)関連のGoogleの取り組み、「Nexus」端末向けのモバイルサービス「Project Fi」を担当している。

 WSJの情報筋らによると、Fox氏とそのチームは少なくとも1年前から今回の新製品に取り組んでいるという。

 WSJは、Googleのサービスのリリース時期や名称は不明だとしている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集