logo

クラウドソーシング「ランサーズ」、フィリピンに子会社を設立

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 クラウドソーシングサービス「ランサーズ」を運営するランサーズは12月21日、フィリピンに子会社となるLancers Philippinesを12月16日に設立し、正式に営業を開始したと発表した。

グローバル市場の国別シェア
グローバル市場の国別シェア

 同社によると、グローバルクラウドソーシング市場を地域別にみた場合、世界のオンラインワーカーのおよそ35%はアジアで、特に比率が高いのがフィリピンだという。そこで、グローバルなプラットフォームによる仕事流通の足掛かりとしてLancers Philippinesを設立したとのことだ。

Lancers Philippines代表取締役社長の森井健太氏
Lancers Philippines代表取締役社長の森井健太氏

 ランサーズは、4月に世界92カ国以上のデザイナーが参加するグローバルなクラウドソーシングサイト「designclue」を買収しており、designclueにおいても、フィリピンの登録オンラインワーカー数は国別で2番目に多いという。

 Lancers Philippinesの代表取締役社長である森井 健太氏は、「フィリピンの現在の人口は約1億人で、2050年には1億5000万人まで増加すると予想されており、東南アジアの一国として大きな経済成長を続けている。また、平均年齢は23歳と働き手の多くが若者という特徴もある。インターネットの普及率はまだ高いとは言えないが、Lancers Philippinesを通じて、クラウドソーシングの普及とランサーへの仕事提供、さらにグローバルなプラットフォーム創りを目指す」と語っている。

-PR-企画特集