米郵便公社、「ホバーボード」の郵送を地上輸送に限定--発火事故を受けて

Carrie Mihalcik (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2015年12月17日 12時31分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「ホバーボード」と呼ばれるセルフバランシングスクーターが発火したとの報告を受けて、米国郵便公社(USPS)は安全上の懸念から、同製品の郵送オプションを制限した。

 USPSの広報担当者は米国時間12月16日、電子メールで送信した声明の中で、「本日付で、かつ、追って通知があるまで、USPSはリチウム電池に関連する安全上の問題から、地上輸送の『Standard Post/Parcel Select』以外ではホバーボードを郵送しない」と述べた。

 USPSのウェブサイトによると、Standard Postで郵送される荷物は通常、2~8営業日以内に届くという。

 AmericanやDelta、United、Southwestを含む米国の主要航空会社は、電池に関連する安全上の懸念から、機内持ち込み手荷物や機内預け入れ荷物の禁止リストにホバーボードを追加した。オンライン小売業者のOverstockは先週、ホバーボードの販売を中止したことを発表している。Amazonも複数のブランドのホバーボードをサイトから削除した。

出火が過熱したバッテリに関連性があると報じられているホバーボード
写真にあるような「ホバーボード」と呼ばれている製品からの出火は過熱したバッテリに関連性があると報じられている。
提供:James Martin/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加