第3回「CNET Japan Startup Award」最優秀賞はスマートドライブ

井指啓吾 (編集部)2015年12月10日 18時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「CNET Japan」を運営する朝日インタラクティブと、「THE BRIDGE」を運営するTHE BRIDGEは12月10日、「第3回 CNET Japan Startup Award」の各賞を発表。最優秀賞はスマートドライブ、CNET Japan賞はフォトシンス、THE BRIDGE賞はソラコム、朝日新聞社メディアラボ賞はFULLER、事前の読者投票で決める読者賞はカラーズが受賞した。

「第3回 CNET Japan Startup Award」受賞者
「第3回 CNET Japan Startup Award」受賞者

 同アワードでは、CNET Japanの編集部とTHE BRIDGEの編集部が運営委員会となり、(1)ITを活用して事業展開をしている企業、(2)創業5年以内、(3)未上場企業、(4)今後、年率50%以上の売上成長が見込めそうな企業――の条件を満たすスタートアップ企業12社を選出。その後、市場性、革新性、技術力、経営力、人材、資金力、成長性、競争力などの観点から各社を審査して、表彰した。

 運営委員会による各賞の授賞ポイントは次の通り。

最優秀賞:株式会社スマートドライブ(サービス・製品名「DriveOn」)
IoT時代が到来し、自動車にもネットワークがつながることが当たり前になっている中、低価格な車両診断デバイス(OBD2)を車につけるだけで、スマートフォンから簡単に自分の運転スピードや燃費を把握するなど、車の健康診断が受けられる「DriveOn」は急速に普及する可能性を秘めており、ドライバー1人1人の意識を変え、ひいては社会全体の交通事故の減少につなげられるサービスといえます。産業革新機構から出資を受け、すでにアクサ損害保険とは業務提携し、ドライバーの運転特性に応じて保険料が割引されるテレマティクス保険の開発にも着手しており、ビジネスが大きく成長する可能性を秘めているでしょう。

CNET Japan賞:株式会社フォトシンス(「Akerun」)
ドアに端末を後付けするだけで、スマートフォンを鍵にした開け閉めができる手軽さは、誰もが当たり前に使っている「鍵」の概念を大きく変えるものといえます。また、個人宅だけでなく、ホテルの入退室時の鍵の付与や、不動産の内覧の鍵の受け渡しなど、幅広いビジネスの効率化に大きく貢献するでしょう。4月の発売以降も、遠隔操作で鍵を施錠できる「Akerun Remote」や、自動ドアを解錠できる「Akerun Entrance」などを次々と発表し、実際にNTTドコモおよびNTTドコモ・ベンチャーズや、不動産情報サイト「HOME’S」を運営するネクスト、三井不動産らと試験運用などを展開し、一気に普及する可能性があります。

THE BRIDGE賞:株式会社ソラコム(「SORACOM」)
スタートアップする理由のひとつに「課題の大きさ」というものがあります。少子高齢化社会や食糧問題に住宅など、実生活に密着するものになればなる程、その市場性は大きく、やるべき価値も高い一方、その解決方法を見つけることは非常に困難です。ソラコムがチャレンジした「通信」という分野は、現代に生きる私たちにとってなくてはならないインフラとなりました。しかし、この分野にスタートアップとして挑戦して成功したプレーヤーはどうでしょうか?数はそう多くありません。人だけでなく、近い将来、数十億台という「モノ」がインターネットに繋がる時代を見据え「モバイル通信のクラウド化」という壮大かつ、極めて厳しい戦いを仕掛けた技術者集団を讃えます。

朝日新聞社メディアラボ賞:FULLER株式会社(「App Ape」)
日々増え続けるスマートフォンアプリは、生活をより便利に豊かにしています。一方で、増え続ける膨大なアプリの中で埋もれてしまうアプリもたくさんあります。自分のアプリがどのように使われているかを、誰もが簡単に知ることができ「ユーザーの満足度向上」に向き合うことを可能にした点を評価しました。

読者賞:株式会社カラーズ(「キッズライン」)
ベビーシッターが見つかるソーシャルシッティングサービスを提供。運営委員会が選出した12社をサイトに掲載し、読者による投票で1位を獲得しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加