logo

4インチ「iPhone」、「A9」搭載で2016年初頭に登場か--KGI Securitiesアナリストが予測

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleが2016年に4インチ「iPhone」をリリースするといううわさは以前からあるが、KGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏のリサーチメモは、このうわさを裏付けるような内容になっているという。MacRumorsが米国時間12月3日に報じた

 Kuo氏によると、この4インチiPhoneは、「iPhone 5s」をアップデートしたようなデバイスで2016年初頭に登場するという。

 Kuo氏は、同デバイスがTSMCとサムスンが製造する「A9」チップ、2.5Dカバーガラス(iPhone 6sと同様に周辺部が湾曲)、「Apple Pay」用の近距離無線通信(NFC)を搭載すると予測している。また、筐体は金属製になるが、少なくとも2〜3色のカラーオプションが用意されると同氏は考えている。また、カメラはiPhone 5sと同様で、背面用が8メガピクセル、前面用が1.2メガピクセルになるという。

 Kuo氏は、新しい4インチiPhoneについて、通年の出荷台数が2000万台、製造開始が2016年第1四半期、米国における価格が400〜500ドルになると予測している。

 4インチiPhoneのうわさは2015年前半には既に浮上しており、Appleが9月に開催するイベントで登場するのではと言われていた。しかし、イベント開催時期が近づくにつれ登場しない可能性が報じられ始め、実際に登場することはなかった。

-PR-企画特集