バーチャルナースや心臓シミュレータも登場、医療を支える先端IT技術:「Health 2.0 Asia – Japan」レポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 医師限定のソーシャルメディア「MedPeer」を運営するメドピアは11月4~5日の2日間、ヘルステック(医療とヘルスケアのためのIT)のグローバルカンファレンス「Health 2.0 Asia - Japan」を都内で開催した。


進行役を務めた、一般社団法人オレンジクロス理事長でセントケア・ホールディング執行役員医療企画本部長 岡本茂雄氏

 2日目のセッション「The Future is Now ~未来のテクノロジー~」では、スマートフォンでアクセスして会話できるバーチャル看護師、術前術後の心臓を再現する心臓シミュレータ、電子カルテの内容から患者の転倒リスクをAI(人工知能)で分析するシステムなど、ヘルスケア分野で使われている最先端のIT技術が紹介された。

 講演の進行役は、一般社団法人オレンジクロス理事長でセントケア・ホールディング執行役員医療企画本部長の岡本茂雄氏。セントケア・ホールディングは地域包括ケアを実施している会社で、地域の高齢者に多くのサービスを届けるために、様々な技術を使っているという。講演では、ヘルスケアを支える先端IT技術の例を、それぞれの会社が紹介した。

スマホを使ってバーチャル看護師と会話できるシステム


米Sense.lyのCo-founder & CEO Adam Odessky氏

 米Sense.lyでCo-founder & CEOを務めるAdam Odessky氏が実演して見せたのは“バーチャル看護師”だ。言語を認識する看護師のアバターを使って、患者へのインタビュー(アンケートへの回答)や遠隔医療などを音声で行えるシステムだ。自分専用の極めて優秀な看護師がスマートフォンの中にいるイメージだ。

 米Sense.lyがバーチャル看護師を開発した背景には、慢性の疾病が医療システムにとって負担になっているという状況がある。米国では、50%の医療費は人口の5%の患者が使っているという。こうした状況を緩和する手法として開発した。バーチャル看護師と患者が会話することで、患者がどのような症状なのかを聞き出せる。患者のトリアージに使っている例もあるという。


バーチャル看護師を利用中の画面

 講演では、日本語を話すバーチャル看護師のデモンストレーションが行われた。デモ内容は、認知行動学の観点から治療が必要な患者へのインタビューだ。スマートフォンの画面に表示された看護師が音声で患者に話しかけた内容のサマリは、以下のようなものだ。

  • 認知行動療法は、効果的に心の状態を改善できる方法です。いくつか質問させていただき、自分でできる毎日の練習のお手伝いをさせていただきます
  • 自分の心の状態を毎日評価するために設計されたエクササイズから始めましょう。評価は1から7まであり、1はとても悲しい、4は普通、7はとても幸せです。今日のあなたの心の状態はどれになるでしょうか
  • あなたの人生をコントロールしているのは誰、あるいは何でしょうか
  • 次は性格についての話をしましょう。性格は、行動、思考、感情の3つの系統に分かれます。この3つは互いに影響を及ぼしています。これを前提に、もっともコントロールしやすいのは、この中のどれだと思いますか
  • あなたに悪循環をもたらしてしまうものは何でしょうか。あなたにいい循環をもたらすものは何でしょうか
  • 今日は以上です。明日もう一度お話し、心の状態のレベルを確認させていただきます。さようなら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加