KDDI、音声に紐づいた情報をスマホに自動表示する「サウンドインサイト」を提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIとコンピューター・ビジネスは11月19日、KDDI研究所の信号音通信技術を活用した「サウンドインサイト」を共同開発し、11月20日から法人向けに提供すると発表した。表示したい情報(URL) を付与した短い信号音と、専用アプリを組み合わせることで、スマートフォンにさまざまな情報を表示できるプラットフォームだ。

 空港、駅、電車、バスなどに設置されたスピーカーから発する音声(アナウンス、ブザー音、メロディ音など)を、スマートフォンにあらかじめ導入し、起動しておいた専用アプリ(Android/iOS)で受信することで、音声中の信号音に紐付けた情報をスマートフォン上に自動で表示できるようになるという。


「サウンドインサイト」の仕組み

 同社によれば、国内で初めて可聴域と非可聴域双方の信号音に対応したことで、利用者が信号音を意識することなくスマートフォン上に情報を表示する「プッシュ型」と、利用者が自身で情報を取得する「プル型」の機能を具備しており、双方の情報提供に活用できるという。

 信号音通信技術は、IDを可聴域/非可聴域の信号音として他の音声に重畳して送信し、スマートフォンでその音声中の信号音を受信して重畳されたIDを抽出。そのIDを各種処理に使用できるようにする技術(アプリケーションソフト)のこと。


プラットフォーム提供イメージ

 企業や自治体は、サウンドインサイトを利用することで、テレビ番組やデジタルサイネージで紹介された商品の購入やクーポンの取得を促せるほか、外国人観光客へ空港・駅などのアナウンスに関連する情報を多言語で情報提供する「言語支援用途」、防災放送など緊急時のアナウンス時に避難経路などの必要な情報を表示する「防災用途」などで活用できるとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加