logo

マイクロソフト、「Visual Studio Code」をオープンソース化

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2015年11月19日 11時02分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間11月19日、開催中のバーチャルイベント「Connect (); // 2015」で、開発者用ツールに関する各種の最新情報を発表した。

 まず「Visual Studio Code」のオープンソース化が発表された。Visual Studio Codeは、「Windows」、「Mac OS」、Linuxで動作する軽量のコードエディタ。これに併せて、同製品のベータ版リリースも発表された。このベータ版は4月28日にリリースされた初期プレビュー版から大幅に更新されており、拡張機能と「Visual Studio Marketplace」のサポートが追加された。Visual Studio Marketplaceでは早くも60個を超える拡張機能が公開されている。

 無料開発ツール「Visual Studio Community」に多種多様な特典をバンドルした製品「Visual Studio Dev Essentials」も発表された。この製品では、「Visual Studio Code」、「Visual Studio Team Services」、および「Parallels Desktop for Mac」を利用可能で、フォーラムでの優先サポートが提供され、PluralsightやWintellectのトレーニングを受講でき、月間25ドルのAzureクレジットが付属する。

 「ASP.NET 5」と「.NET Core」はリリース候補版となった。ASP.NET 5はウェブサイトとウェブアプリ構築用のフレームワークで、.NET CoreはWindows、Mac OS X、Linuxで実行可能な.NET Frameworkのサブセットだ。いずれも2016年初頭の正式リリースが予定されている。

 「Visual Studio 2015 Update 1」と「Team Foundation Server 2015 Update 1」は、11月30日にリリースされる予定。

 「Visual Studio Online(旧名Team Foundation Service)」は、Visual Studioのウェブ版であるとの誤解を招く可能性があるとして、名称が「Visual Studio Team Services」に変更された。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]