logo

「iPad Pro」のLightningポート、「USB 3.0」に対応

Kevin Tofel (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2015年11月16日 08時06分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 新しい「iPad Pro」上の「Lightning Port」は、Appleの「iPad」としては初めて、より高速(だがそれでもやや旧式)な「USB 3.0」規格をサポートしている。つまり、データ転送速度は2倍になり、将来的にはさらにアクセサリ製品が追加される可能性がある。

 MacRumorsは、iFixitによるこの大型タブレットの分解調査に基づき、このハードウェア上の変更点に気付いた。同タブレットには、Fresco Logic製のUSB 3.0対応4ポートホストコントローラが搭載されている。

 USB 3.0は、双方向通信(送信用と受信用に1本ずつ)を利用するため、単一のパイプラインを採用するそれよりも古いUSB 2.0規格よりもかなり高速だ。USB 2.0では最大約480Mbpsだったデータ転送速度が、USB 3.0では最大5Gbpsにもなる。ただし、これらの数値は理論的な最大スループットであり、実際の速度は他の条件によって変動する。

 当然ながら、これには欠点もある。Appleの現行のLightning-USBケーブルやアダプタはUSB 2.0対応のため、USB 3.0の高速なスループットを最大限に活用するには、iPad Proユーザーは新しいアダプタを購入する必要がある。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集