logo

シャープ、AQUOSの左右に設置できるサイドバーシアターシステム

加納恵 (編集部)2015年11月13日 15時58分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シャープは11月13日、液晶テレビ「AQUOS」の壁掛け金具取付け部を活用して設置できるテレビ用スピーカ「サイドバーシアターシステム HT-SP100」を発表した。発売は12月3日、想定税別価格は5万円前後になる。


「サイドバーシアターシステム HT-SP100」

 HT-SP100は、5.1cmのウーファと、2.0cmのソフトドームトゥイータを搭載した2ウェイスピーカ2つとサブウーファ、センターユニット部で構成する、セパレートタイプになる。

 テレビ背面の壁掛け金具取り付け部を利用することで、テレビ画面の両サイドに取り付けられる、省スペースの「フローティング型サイドバースピーカー」スタイルを採用する。

 96kHz/24bitまでのハイレゾ音源再生に対応し、独自のアップコンバート技術により、非ハイレゾ信号もハイレゾ相当の情報量に変換して再生することが可能。AQUOSとのファミリンク接続により、3.1chサラウンドシステムを実現する。スピーカ部サイズは高さ400mm×幅71mm×奥行き74.5mmで、重量約0.6kg。Bluetoothにも対応する。


液晶テレビ「AQUOS LC-60US30」との設置例
デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集