MS、「Skype」アプリを「Windows 10」アップデートで統合--プレビュー版を利用可能に

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2015年11月13日 10時56分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間11月12日、「Windows 10」に対するアップデート「November Update」の提供を開始したが、この一環として、Windows 10に統合した「Skype」のビデオ通話機能をコンシューマー向けプレビュー版として公開し、「Messaging」アプリも使えるようにした。

 統合された新たなSkypeアプリのプレビュー版は、November Updateを適用したWindows 10で利用できる。「Start」メニューから開始することもでき、必要に応じてタスクバーにピン留めできる。

 Microsoftは12日のブログ投稿で次のように述べている。「この(Windows 10に統合したSkypeの)プレビュー版で、われわれは1対1のメッセージング、通話、顔文字など、Skypeのビデオ通話およびメッセージング機能を厳選してネイティブのWindows 10アプリに組み込み、デスクトップから素早く簡単にコミュニケーションできるようにした」

 Microsoftは、今後リリース予定のOS「Windows 10 Mobile」にもSkypeのビデオ通話機能とMessagingアプリを統合する計画だ。同社は2015年末までに既存および新型の「Windows Phone」搭載デバイス向けにWindows 10 Mobileのリリースを開始するとみられている。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加