グーグル、「iOS」向け動画編集アプリのFly Labsを買収

Liam Tung (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2015年11月10日 09時28分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Fly Labsが「iOS」向けに提供する人気の高い動画編集アプリがまもなくApp Storeから消え、「Google Photos」の一部になる。

 Fly Labsは、Googleが同社を買収したことをウェブサイトで明らかにした。Fly LabsはマウンテンビューのGoogle Photosチームに加わる。

 Fly Labsは2014年、「iOS」向けに「Fly Video Editor」をリリースし、これに加えて「Tempo」「Crop on the Fly」「Clips Video Editor」も公開している。Fly Labsによると、これらのアプリの合計ダウンロード件数は300万件を超え、2000万本もの動画の作成に使用されたという。

 Fly Labsによると、これらのアプリはiOSから段階的に消える予定だが、現時点では「完全に無料」になるという。これまでは、アプリ内課金を通して高度な編集機能を利用することができた。アプリは今後3カ月間使用可能だが、機能はアップデートされなくなる。3カ月が経過した後も、iOS搭載端末上で機能するが、App Storeからのダウンロード提供は終了される予定だ。

 これらのiOSアプリを愛用するユーザーがこの機能を今後も利用するには、いずれかの時点でGoogle Photosをインストールする必要がある。

 Google Photosは2015年5月に「Google+」から独立してリリースされ、それから5カ月も経たないうちに1億人を超える月間アクティブユーザーを獲得した。3720テラバイトもの写真や動画が、Googleのクラウドにバックアップされている。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加