logo

[ブックレビュー]今までの常識を覆す“売り方”へ--「いちばんやさしいコンテンツマーケティングの教本」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
インプレス
詳細:単行本(ソフトカバー) / 200ページ / インプレス / 価格:1922円 / 著者:宗像 淳,亀山 將 / 発売日:2015/10/23 / 外形寸法 (H×W×D):20.8cm×18.0cm×2.0cm / 重量:0.4 kg
内容:コンテンツマーケティングの基本を教えてくれる教科書的役割を果たす1冊。以前に比べて“売り方”そのものが変わりつつある昨今、コンテンツマーケティングをどう取り入れていくのか、どう集客につなげていくのかを学べる。
Amazon.co.jpアソシエイト

 自社の商品やサービスを売ろうとがんばっているのに、成果に結びつかないと感じていないだろうか? それは、がんばり方を間違えているからかもしれない。「売ろう」とすること自体が、すでに相応しくない売り方だとしたら、どうすればいいのか。売るために、「売ろう」としないという、一見矛盾した考えを実行する必要があるようだ。

 本書では、「コンテンツマーケティング」に焦点をあてて、実際に顧客を獲得するためにやるべきこと、やってはいけないことを解説している。多くの点で、これまでの普通の営業の常識を覆すやり方が示されているため、古い考え方をいったん捨てなければ、考え方を受け入れて実行することは難しいかもしれない。しかし、即効性を求めて小手先のテクニックを使ったとしても、長続きはせず、顧客の集客に繫がらないことは、これまでを振り返っても分かっているはずだ。

 ただ「コンテンツ」といっても、やみくもに記事をそろえればいいわけではない。コンテンツの質や量に加えて、社内での運営体制やソーシャルメディアとの連携など、重要なことはいろいろある。本書は、そうしたコンテンツマーケティングの基本を教えてくれる教科書として役立つ。

-PR-企画特集