logo

グーグル、「Android for Work」の機能強化やプログラムなど説明

Rachel King (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2015年11月05日 13時17分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleが「Android for Work」の機能強化やサービスについて明らかにした。成長過程にあるAndroid for Workの最新アップデートは、先日リリースされた「Android 6.0 Marshmallow」に応じた機能強化も施される。Android for Workは企業向けのモバイル管理用プラットフォームで、2015年2月に初めて発表された。Android for Workはセキュリティ機能や柔軟性を備え、IT部門による高度な管理にも対応している。Googleによると、Android for Workは、すでに1万9000に及ぶ組織でテストや導入が行われているという。

 モバイル端末メーカーやAndroid関連企業の多くは、「Samsung KNOX」などのBYOD(Bring Your Own Device)プラットフォームを導入しているが、Googleは、状態通知や連絡先の統合といった機能のほか、端末のNFCによる新規ユーザーのプロビジョニングをサポートするなど、BYOD対応を強化している。

 GoogleのAndroid for Work担当プロダクトマネジメントディレクターであるAndrew Toy氏によると、Android for Workでは、キオスクやATMなどの単一用途に特化したMarshmallow用の新APIも提供する予定だという。

 こうした機能強化に加え、GoogleはAndroid for Workに企業を積極誘致するため、本番環境にエンタープライズモバイル管理サービスとAndroid for Workを導入する最大3000社に「Nexus 5X」を提供するというプログラムも計画している。

 一方、Googleはエンドユーザー向け生産性アプリの基盤強化にも力を入れている。同社は米国時間10月3日、「Gmail」「Googleカレンダー」「Googleドライブ」などのGoogleサービスと統合可能な、推奨サードパーティー製アプリのリストを公開した。このリストには、シングルサインオンプロバイダーの「Okta」や「Ping Identity」、CRMプラットフォームの「ProsperWorks」、クラウド電話システムの「Ringcentral」などが推奨アプリとして掲載されている。

 Googleが受信トレイの再発明であるとしている「Inbox」も間もなくアップデートされ、「Smart Reply」という新機能が搭載される。Smart Replyは、機械学習や自然言語認識の技術を応用し、受信メールの内容に合わせて返信文の候補を自動的に提示する。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集