logo

レノボ、4つのモードが使い分けられるタブレット&薄型軽量ノートPC

エースラッシュ2015年10月27日 18時43分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 レノボ・ジャパンは10月27日、4つの使い方ができるタブレット「YOGA Tab 3」シリーズ6モデルおよび、薄型軽量ノートPC「Lenovo YOGA 300/900」の新製品を、11月上旬より販売開始すると発表した。

 YOGA Tab 3シリーズは、シーンに応じてホールドモード、スタンドモード、チルトモード、ハングモードを使い分けられる、Android 5.1搭載のタブレットだ。8インチ液晶の「YOGA Tab 3 8」と10.1インチ液晶の「YOGA Tab 3 10/Pro 10」があり、それぞれWi-FiモデルとLTEモデルをラインアップ。

 YOGA Tab 3 Pro10については、2560×1600ドット表示のWQXGA液晶、180度回転するピコプロジェクタ、4つのJBLスピーカなどを備えている。販売開始日は、Wi-Fiモデルが11月上旬、LTEモデルが11月下旬を予定している。

  • 「YOGA Tab 3 8」

  • 「YOGA Tab 3 10」

  • 「YOGA Tab 3 Pro10」

 Lenovo YOGA 300は1366×768表示の11.6インチ液晶、Lenovo YOGA 900は3200×1800表示の13.3インチ液晶を備えた薄型軽量ノートPCだ。いずれも液晶部分を回転させることでノートブックモード、スタンドモード、テントモード、タブレットモードでの使用が可能。

 Lenovo YOGA 900には第6世代インテル Core iプロセッサも採用。販売開始日は、Lenovo YOGA 300が11月上旬、Lenovo YOGA 900が12月上旬になる見込み。

  • 「Lenovo YOGA 300」

  • 「Lenovo YOGA 900」

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]