logo
編集記者のアンテナ

凛ちゃん好き記者が誕生日にあわせて振り返る「ラブライブ!スクフェス」

佐藤和也 (編集部)2015年11月01日 08時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 CNET Japanの編集記者が日々の取材や暮らしの中で気になったサービスやユニークなガジェット、驚きの技術、ウェブで話題のトピックなどを、独自の視点で紹介していく連載「編集記者のアンテナ」。第34回は、主にゲームを中心としたエンターテイメント領域を取材している佐藤が担当する。

 筆者がサービス開始時より注目し続けているスマートフォン向けゲームアプリ「ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル」(スクフェス)。これまでも2013年6月12月2014年12月に筆者の独断と偏見によるインプレッションや振り返り記事を掲載した。今回はその第4弾。2015年に入ってからのスクフェスを独断と偏見で振り返る。

 本作は、9人によるスクールアイドルグループ「μ’s」(ミューズ)が活躍するプロジェクト「ラブライブ!」をテーマにしたゲーム。“音ゲー”と呼ばれるリズムアクションのライブパートをメインとして、カード収集と育成要素を盛り込んだ内容。フルボイスのストーリーパートが用意されているのも特徴となっている。

 ブシロードとKLabによる共同開発タイトルとして2013年4月からiOS版、同年6月からAndroid版を配信。さらに2014年からは世界各国でも配信を開始。2015年9月の時点で国内ユーザー数1200万人、全世界ユーザー数2000万人を突破。スマートフォンゲームにおけるヒットタイトルのひとつとして挙げられている。

楽曲のリズムにあわせて、中央から発射される丸のアイコンがメンバーのアイコンと重なったところで、タイミングよくタッチしていく。特技が発動されると、メンバーがカットインする演出も
楽曲のリズムにあわせて、中央から発射される丸のアイコンがメンバーのアイコンと重なったところで、タイミングよくタッチしていく。特技が発動されると、メンバーがカットインする演出も

 配信開始当初から楽曲が継続して追加されており、現在は常設の基本楽曲と期間限定で入れ替わる特別楽曲も含めて70曲以上と、遊びごたえのある曲数となっている。カードについても描き下ろしイラストが使用されたURやSRが次々に追加されているほか、Rカードについてもバリエーションが増えている。

  • メンバーはカードとして登場。主に「勧誘」やライブパートクリア後のご褒美などで入手できる。μ’sのメンバーは基本的にレアリティがR以上で、SRやURまで用意されている

  • 全く同じカード同士で特別練習を行うと覚醒し、レベルの上限が上がるとともにイラストも変化する。そして覚醒した状態で、プレイするとたまる「絆」をMAXにすると、サイドストーリーが解放される

  • ノーマルカードの本作オリジナル部員も、新しい顔ぶれのほか、新衣装で登場することも。ボイスはないものの、それぞれにサイドストーリーが用意されている

  • 楽曲は継続して定期的に追加。6月に公開した劇場版「ラブライブ!The School Idol Movie」の関連楽曲も収録

  • 楽曲には3つの属性があり、カードそれぞれ3種に対応したパラメータが設定。また特技やセンタースキルも設定されており、特技はレベルをあげて効果を強くすることもできる

  • 9人のユニットを決め、ライブパートに臨む。基本的に属性をそろえた方が、高いスコアは狙いやすい。もちろん自分好みのメンバーでそろえて楽しむのもありだ

  • メンバーの日常が垣間見えるシナリオパートのメインストーリー。さまざまな服装やステージ衣装で登場する。なかにはスクフェスで初お披露目する衣装も

  • メンバー以外のキャラクターたちも次々に登場。こちらは矢澤にこの兄弟であるこころ(左)、虎太郎(中央)、ここあ(右)。もちろんボイス付きとなっている

  • 高坂穂乃果の同級生であるヒデコ(右)、フミコ(左)、ミカ(中央)も登場。率先してμ'sの手伝いを行っている

大型アップデートでシールSHOPや課題、称号を実装。ホーム画面も一新

 2015年に入ってからの大きな動きとしては、8月に大型アップデートを実施。R以上のレアリティの部員を転部させた時や練習相手に選んだ時に手に入るシールを、特定の部員やアイテムと交換できる「シールSHOP」を実装。またホーム画面を一新し、ホーム画面の背景を任意で設定ができるようになったほか、自分のプロフィールの一部として称号を設定できるようになった。また、与えられた課題をクリアすると報酬がもらえるなど各種新機能が追加された。

  • R以上のレアリティの部員(一部を除く)を練習相手にしたり転部させると、シールが手に入るようになった

  • シールSHOPでは、集めたシールで部員やアイテムと交換できる

  • ホーム画面を一新。背景によってはにぎやかになり、プレゼントボックスやお知らせなどにアクセスしやすくなった。左上には称号も表示

  • 自分のプロフィールの一部として設定できる称号。特定の条件や課題をクリアすると入手できる

  • 課題には日々更新されるデイリーのものから、クリアすると追加されるものまでさまざまな条件がそろっている

  • 課題をクリアすると報酬が付与される。その報酬もラブカストーンのみならず、称号や楽曲の開放など多岐にわたる

 収録楽曲についてもμ’sメンバーが歌唱する以外に、TVアニメではライバルユニットとして登場したA-RISE(アライズ)の楽曲「Private Wars」が収録され、メインストーリーでもA-RISEのメンバーが姿を見せた。さらにラブライブ!プロジェクトの新展開となる「ラブライブ!サンシャイン!!」から、Aqours(アクア)のデビュー曲である「君のこころは輝いてるかい?」も期間限定で登場している。

 また、スクフェスのための描き下ろされたコラボ楽曲第3弾となる「HEART to HEART!」と「嵐のなかの恋だから」も収録。このほか、スクフェス初のリアルイベントとして「スクフェス感謝祭2015」を開催。スコアを競う初の公式大会「スクフェス全国大会」と併催し、盛況となっていた。

  • A-RISEはUTX学院のスクールアイドルユニットで、綺羅ツバサ(中央)、統堂英玲奈(右)、優木あんじゅ(左)の3人で構成

  • A-RISEの持ち歌である「Private Wars」。μ’sのメンバー以外が歌唱する楽曲の収録はこれが初めて

  • Aqoursのデビューシングル「君のこころは輝いてるかい?」は、現在のところ期間限定の特別楽曲として収録している

  • 「HEART to HEART!」は10月15日、「嵐のなかの恋だから」は10月31日に登場。この2曲を収録したシングルCDも10月28日に発売されたばかりだ

  • スクフェス感謝祭2015は6月6日と7日に開催。さまざまな展示やグッズ販売が行われ、2日間合計で約4万人が来場した

  • またスクフェス全国大会は各地区予選ファイナリストによる決勝大会を開催。白熱した戦いが展開された

-PR-企画特集