logo
GitHub Universe

GitHub初の開発者会議「GitHub Universe」--カンファレンスを写真でレポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
会場のPier 70はサンフランシスコの中心地から車で15分ほどの距離にある海沿いの元工場地帯を再開発したエリアの中にある。イベント会場として使われるようになったのは最近で、タクシー運転手にもまだあまり知られていない。会場の入り口まで来ても、ここでテクノロジ系イベントが開催されているようにはとても見えない。

会場のPier 70はサンフランシスコの中心地から車で15分ほどの距離にある海沿いの元工場地帯を再開発したエリアの中にある。イベント会場として使われるようになったのは最近で、タクシー運転手にもまだあまり知られていない。会場の入り口まで来ても、ここでテクノロジ系イベントが開催されているようにはとても見えない。

 オープンソース ソフトウェア開発のプラットフォーム サービスとして人気を集めるGitHubは、同社にとって初となるユーザーデベロッパーカンファレンスイベント「GitHub Universe」を開催した。

 2日間にわたるカンファレンスでは、GitHubが目指す企業哲学を伝えるために、さまざまなソリューションや活用事例、そして、GitHubパートナーによるエコシステムなどが紹介された。

 会場のPier 70は廃工場をベースにした巨大なイベントスペースで、外から見るだけではテクノロジ系のカンファレンスが開催できるような場所とはまったく思えないが、一歩中に入ると、キーノートステージや3つのセッションルーム、GitHubパートナーやいろいろなコミュニティスペースなどが1つの建物の中にぎっしりと詰まっていて、GitHubの世界をそのままカタチにしたような演出になっていた。

-PR-企画特集