logo

ソフトバンク、視覚障がい者向けの「iPhone体験教室」を開催

藤井涼 (編集部)2015年10月15日 16時24分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトバンクは、視覚障がい者にiPhoneの使い方を教える体験教室を、10月4日にアップルストア銀座で開催した。同伴者も含めて34人が参加し、盲導犬と一緒に来場した人も複数人いた。


視覚障がい者向けにiPhone体験教室を開催

 体験教室では、iPhoneの視覚サポート機能「VoiceOver」を活用し、iPhoneの基本的な操作方法を学習・練習できるアプリ「視覚障がい者向け使い方教室 for iPhone」を、実際に参加者に利用してもらった。また、音声認識型のパーソナルアシスタント機能「Siri」や、視覚障がいのある人でも利用できるアプリを紹介した。

 教室の講師は、「視覚障がい者向け使い方教室 for iPhone」を企画・開発した、ソフトバンク サービスプラットフォーム戦略・開発本部の工藤景司氏が務めた。工藤氏は同アプリについて、「iPhoneを簡単に使える環境をプロデュースする」という視点で開発したと説明。


参加者がアプリを体験

 また、視覚障がい者向け支援機器を販売するラビットの社長で自身も全盲の荒川明宏氏や、眼科医の三宅琢氏がゲストとして登場し、視覚障がいのある人がiPhoneを活用することで、実際に便利になったことやできるようになったことなどの事例を紹介した。

 荒川氏は「晴眼者を含めてiPhoneを完全に使いこなしている人はいない。その人のニーズにあったアプリを使用し、それぞれにあった使い方をすればいい」と話し、人の表情を認識するアプリなどを紹介。三宅氏は「最初はうまく使えなくても、10日我慢して根気強く練習すればiPhoneは便利なアイテムになる」と自身の経験を交えて語った。

-PR-企画特集