logo

MS、iOS向け「Skype for Business」アプリを正式リリース

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2015年10月15日 09時11分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間10月14日、iOS向け「Skype for Business」アプリを正式にリリースした。

 新しい無料アプリであるSkype for Businessは、iTunes Storeで入手できる。既存の「Lync 2013」を現在使用する「iPhone」ユーザーは、自動的にSkype for Businessアプリにアップデートされる。「iPad」でLync 2013を使用するユーザーは、新しいユニバーサルアプリをiTunes Storeからダウンロードする必要がある。

 新しいアプリでは、1回のタッチでミーティングにすばやくアクセスし、ビデオを全画面表示することができる、またコンテンツ共有機能が強化された。また、IT管理者向けの認証およびセキュリティオプションが追加されている。

 Microsoftは2015年8月中旬に、iOSと「Android」向けにSkype for Businessアプリのパブリックプレビュー版をリリースしていた。Android版はまだプレビューの段階にあるが、2015年中には正式版がリリースされる予定である。

 「Mac」OS向けのSkype for Businessアプリについては現在のところ、2016年までリリースされる予定はない。Microsoftは当初、Mac向けのSkype for Businessも2015年中にリリースするつもりだったが、予定を延期した。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集